フリーアナウンサーの大熊英司(56歳)が、7月5日に放送されたバラエティ番組「7.2新しい別の窓 #28」(ABEMA)に出演。バラエティ番組「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)で約17年間共演した草なぎ剛(45歳)の“スターな行動”を明かした。

この日、草なぎの“お久しぶりゲスト”として、約2年ぶりに共演した2人。「おお!こんにちは!大熊さんお元気ですか?」という草なぎに、大熊は「お久しぶりです」と笑顔で答えた。

『ぷっ』すま」終了して以来の再会という2人は、同番組収録時に起こった草なぎの驚きの行動や、収録中の思い出エピソードクイズ形式で披露。

なかでも、草なぎが、出演ゲストをコーディネートするという番組企画で突然スイッチが入り、出演者分のヴィンテージの洋服を約100万円分自腹で購入してあげたという衝撃エピソードが明かされると、出演者からは「100万円!?」「うそでしょ?」と驚きの声が上がった。

大熊は「ゲストさんの予算があって、それを超えたら草なぎさんが払うという企画だったんですけど、あまりにも高くて、そしたら草なぎさんが『全部払ってあげるよ』って。それが25万円ちょっと。草なぎさん自身が欲しいジャケットが25万円で、ユースケさんジャケットも25万円。最後に大熊さんも買おうとなって買ったのがこのヴィンテージジーンズです」と説明し、草なぎに買ってもらった23万円のジーンズを披露した。

突然スイッチが入り、共演者にプレゼントをしたという草なぎに、香取慎吾は「スターだ!(笑)」とコメント。キャイ〜ンのウド鈴木も「かっこいい!」と絶賛した。