写真提供: Dugout

 2018年より大邱FCで主力として活躍する日本人MF西翼が、5日に行われたKリーグ第10節の光州戦で見事なアシストを披露した。

 試合25分に光州が先制し、45分に大邱FWキム・ダエウォンが同点とすると、51分西によるハーフラインからの正確なピンポイントボールをFWデヤン・ダミヤノヴィッチが決めた。ダミヤノヴィッチは3分後にも続けて得点。大邱が4-2で勝利している。

 西翼のスーパーアシストがこちら。(表示されない場合はこちら