7月4日最終回を迎えたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日/ABEMA)にて、演技初挑戦にて主役を演じた歌手・安斉かれん。まだ20歳の安斉が、6月30日深夜放送のトークバラエティ『グータンヌーボ2』(関西テレビ)に出演、40代の女優でモデル長谷川京子、そしてモノマネ芸人・ミラクルひかるトークを繰り広げた。

ドラマ『M 愛すべき人がいて』は、歌手・浜崎あゆみエイベックス株式会社代表取締役会長CEO・松浦勝人氏(当時専務)との出会い、大恋愛から別れまでを描いた『M 愛すべき人がいて』(小松成美著)を原作に、鈴木おさむ氏が彼ならではのエッセンスをプラスして脚本を仕上げたもの。このドラマで安斉かれんはアユ(浜崎あゆみ)役を務め、マサ(松浦勝人氏)を三浦翔平が演じた。

ドラマでの怪演が話題となった田中みな実は、『グータンヌーボ2』ではレギュラーキャストの1人。スタジオで安斉かれんについて「新人類じゃないですか。(体の)バランスも顔が小さくて…」と印象を語ると、長谷川京子も「お人形さんみたい。バービー(人形)が大きくなったみたい」と続けて、田中が「CGみたい」と言うと、長谷川も同意した。

父親の影響でザ・ローリング・ストーンズを聴き、生まれて初めて行ったライブもストーンズ、憧れの歌手はセレーナ・ゴメスだという安斉かれんは、令和元年の初日に歌手デビューデビュー前の方が「どうなっちゃうんだろう?」と先のことを考えて怖かったというが、いざ始まってしまえば「『やるしかない』ってなっちゃう。プレッシャーとかは考えないようにしてます」と心境を語る。

長谷川京子から「芸能人になって悩みはあるの?」と聞かれて「いや、ないです、全然」と笑った安斉は、「頑張ることは頑張らせていただくんですけど、考えすぎるのも嫌なので、全部を70から80%ぐらいのパワーでやろうと思ってて」ときっぱり。すると長谷川は「なんでそんなに達観してるの?」と驚き、31歳の満島真之介は「すみません、いつも100%で…って感じよ」とスタジオで自虐、ミラクルひかるも「まだ95%ぐらいでやっちゃいますからね」と言い、長谷川は「私、120%ぐらいでいきたい」と続けて、田中みな実も「分かる!」とつぶやいた。

恋愛に関しても安斉は「好きな人ができたときに何もしないで終わっちゃうタイプ。言えないんで何も」と消極的で、LINEの交換も「それもできないです。聞けない!」と照れまくる。田中は安斉について「イマドキの子。執着がなくて会話があっさりしている」と語ったが、仕事も恋愛もガツガツした貪欲さは見られないようだ。

それでも初めての演技でいきなり主役という大抜擢、しかも演じるのは実在の人物で大先輩の“浜崎あゆみ”がモデルだ。意識して考えないようにしていてもプレッシャーを感じたこともあるのではないか。安斉のインスタグラムに公開されたクランクアップの挨拶を収めた動画では、大きな花束を抱えた安斉が「すべてが初めての現場で最初は何も分からないまま…」と語って涙ぐみ言葉に詰まった。「先のことは考えずにただただ目の前のことをやらせていただいたんですけど、ここにいる皆さんが支えてくれて、今日まで楽しくやらせていただきました」と感謝した。

安斉かれん7月22日に新曲『僕らは強くなれる。』を配信開始、7月10日放送の音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で同曲を披露する。ドラマでのアユのように、今度は安斉が歌で魅了する番だ。

画像は『安斉かれん 2020年7月5日Instagram「@shohei.63 #m愛すべき人がいて #kalenanzai」、2020年7月3日Instagram「#ボクツヨ #kalenanzai」』『安斉かれん 2020年6月30日Twitter「グータンヌーボ2に出演します」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト