新人研修では必須科目となっているビジネスマナー2020年は、新型コロナウイルスの影響によりリモート業務が激増したため、ビデオ会議といったリモート環境における「新しいマナー」が注目を集めています。

新入社員
イメージです(以下同じ)
 このようにビジネスマナーは時代によって変化するもので、時代に合わないマナーは逆に「丁寧すぎる」と、相手に不快感を与えることすらあります。

地方メーカーでの体育会系研修

 現在、営業として勤務する上尾拓さん(仮名・25歳)は、数年前新卒入社した地方のメーカーでとんでもないビジネスマナー研修を受けたことがあるそうです。

「もともと、その会社が体育会系であることは知っていたのですが、研修の段階で軍隊レベルでしごかれました。特にビジネスマナーに関しては営業が強い会社というのもあり、徹底していましたね」

 ビジネスマナーに特に気を配っていたという前職場。上尾さんは当初、社会人とはそういうものなのだと納得していましたが徐々にその異常さに気がついていったそうです。

「最初は電話応対だったのですがまずマニュアルを渡されました。マニュアルには、電話での名乗りから応対フロークロージングまでが細かく書かれていて、それを丸暗記するところから始まりました。次にメンターを相手役に見立てテストをするのですが、これが難関で。1語でも間違えたり、噛んだりするとやり直しになるんです。

 私は5、6回で合格しましたが、滑舌の良くない同期は何十回とやらされていましたね。最後はもう、お互いイライラして怒鳴り声でした」

悪しき研修、道端での名刺交換

新入社員

 非効率的な研修はまだまだ続きます。何とか同期全員が電話応対に合格すると、次は名刺交換の研修が始まりました。基本的な受け取りと受け渡しマナーを教わった上尾さん。最後に自分の名刺が配られたそうですが、喜んだのも束の間とんでもない指令がメンターから下されます。

「今から街に出て名刺を交換してこいと言われたんです。名刺の束を渡されて、100枚くらいはありましたが、すべて交換するまで帰って来るなと。同期は全員困惑していたと思います。仕方がないので駅前でひたすらスーツ姿の人に声をかけ続けましたが、当然見ず知らずの若造と名刺交換などしてくれるはずもなく」

 その後、2時間ほど駅前で粘り続けたそうですが、努力の甲斐むなしく、同期の誰も名刺を配りきれずタイムリミットが訪れます。ミッションを達成できず帰社した上尾さんたちを待っていたのは、メンターの非情な一言でした。

メンターは新人を非情にも一蹴

「正直に配りきれなかったことをメンターに伝えたのですが、次の瞬間耳を疑いました。『お前ら使えねえな』と言われたんです。同期の一人が反論を試みたのですが『口答えするな』と一蹴されました

 そこからはメンターの説教です。やれ『お前らは会社の一員である自覚が足りない』だとか『目標を達成する意志が感じられない』と。この時点で正直この会社ではやっていけないなと思いましたね」

 理不尽な説教はこれだけにとどまりません。新入社員は早朝研修と称して早朝に出社しオフィスの掃除が義務付けられていたそうですが、そこでもメンターの口うるさい指導が入ったといいます。

「朝の7時が集合時間だったのですが、1分でも遅刻をするとその日は一日中メンターからぐちぐちと小言を言われました。また、オフィスにホコリや髪の毛が落ちていると、私たち新入社員の掃除が甘いせいだと説教されます。そんな環境だったのでみんな段々と疲弊していき、入社1か月を待たず同期の一人が退職してしまいました」

しょうもない小言は害悪

仕事 悩み

 そして1か月が経ち、過酷な研修も終わりを迎えます。ようやくこの地獄からも解放されると喜んでいた上尾さん。しかし最後に、彼に悲劇が待ち受けていました。

「私は営業部に配属されることになったのですが、部署の直属の先輩が研修を受け持っていたあのメンターだったんです。一気に谷底に突き落とされた気分で……。相変わらずしょうもない小言を言われ続ける日々に嫌気がさして、結局入社1年で転職しました。まったく後悔はしていません。ちなみに、同期とは今でも飲みに行く仲ですね」

 ビジネスマナーは業務を円滑に進めるうえで重要ですが、それに縛られるあまり、業務や人間関係に支障をきたしては本末転倒です。時代の変化とともにビジネスマナーの基準も変化しますが、本当に意味のあるものを取捨選択することが会社員に必要なスキルだといっても過言ではなさそうです。

― 特集・新入社員がおどろいた「入社後ギャップ」 ―

<取材・文/大田コトラ イラストカツオ(@TAMATAMA_GOLDEN)>

【大田コトラ】

新卒でメーカーWebメディア勤務の編集者ライター。得意ジャンルは人物取材。ニッチな歌がうまい。