00_e0

 アメリカ、サウスカロライナ州マートルビーチで、タカの仲間、ミサゴが巨大魚をがっしりと爪でとらえ、上空高く飛んでいく姿が確認された。

 目撃者は、この海岸に面したホテルの17階に宿泊していた観光客である。巨大魚はミサゴにつかまれた状態でまだピチピチと動いている。

 自然界の壮大な「狩り」が展開されていたようだ。

―あわせて読みたい―

餌をばらまき鳥をおびき寄せる。シャチ先輩のこの後すぐ!
これぞ死のドーム!獲物待ちをしているクロコサギがなんかかっこいいぞ。
魚の目に寄生して、魚を意のままに操る恐ろしい寄生虫の生態が明らかに(ロシア研究)
ん?愛玩用?ペットとして?ミサゴが巣に持ち帰ったものが予想外すぎた。なんとサルのぬいぐるみ!(アメリカ)
1度ならず2度までも!ミサゴの背に乗るハゴロモガラスの姿が観察カメラにとらえられる(アメリカ)


Osprey Carries Away Huge Fish as Myrtle Beach Tourists Watch On

 撮影したのは、休暇でこのビーチに訪れていた、テキサス州のアシュリーホワイトさん。6月22日のことだ。

 ビーチ沿いにあるホテルの17階にいたホワイトさんは、そのダイナミックな姿にとにかく驚いたそうで、映像をFacebookシェアしたところ話題となった。

1_e10

鳥は誰?魚は何?

 皆が気になっていたのは「この鳥が何で、この魚が何なのか?」である。「鳥はコンドルで魚はサメなのでは?」という意見もあり、中には「ホホジロサメかも!」などという声も上がったようだ。

3_e3

 だがすぐに謎はすぐに解決した。最初に判明したのは鳥の方で、「ミサゴ」であることがわかった。

 そして魚の方だが、カリフォルニアの放送局、WPDEの主任気象学者、エド・ピョトロスフキ氏によると、サワラの一種であるスパニッシュ・マカレル(Spanish mackerel)である可能性が高いという。 

 ミサゴは全長60cm、翼を広げると140180cm、体重2kgほど。一方、スパニッシュ・マカレルはオスなら50cmほどだが、メスだと80cmを越え、体重は20kgに達するという。

5_e0

 ミサゴは魚捕りの名人である。足の外側には、捕らえるための棘があり、第1趾が反転する。これは猛禽類ではミサゴだけが持っている特性だ。水に濡れても平気なように、油で耐水された羽毛を持っており、鼻孔の弁もある。魚を捕るためのスペック満載なのだ。その為、餌の99%は魚でまかなっているという。

 そんなミサゴの天敵はハクトウワシ。その大きな体を武器に、ミサゴが捕獲した魚を横取りするのを得意としているのだ。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292440.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

『13日の金曜日』のジェイソンが、ニューヨークでマスク着用を呼びかける(アメリカ)
群れとはぐれたメスライオン、感動の再会へ(南アフリカ)
公開復讐?未調理の鳥まるごと1羽を審査員に出した料理コンテスト出場者(スペイン)
サモエド犬「もう帰っちゃうの?次はいつ?」お友だちが帰っちゃってさびしさMAXしょんぼりな犬
子猫の成長記録。同じ構図で撮影した生後3か月の時と3歳の時を比較してみた

―水中生物についての記事―

赤くて大きい!全長104センチ、体重22キロの巨大魚が釣り上げられる(オーストラリア)
なんという異世界クリーチャー感!エレクトリカルパレードな赤いクラゲ「アカカブトクラゲ」
伝説の深海魚、リュウグウノツカイがダイバーの近くにやってきた!幸せのランデヴー
巨大なダイオウイカを海岸で発見!今にも動き出しそうなほど状態が良かった(南アフリカ)
真っ白のクジラ、今年も元気に泳いでいた!(オーストラリア)
猛禽類随一の魚捕り名人、ミサゴが巨大魚ゲットだぜ!