2020(令和2)年7月6日(月)、JR西日本は前日の発表通り、九州新幹線内での大雨のため、本日九州新幹線に直通する全ての「みずほさくら号」の行先を熊本行きに変更して運転を行っている。新大阪方面行の「みずほさくら号」は熊本始発として運転。

九州新幹線では熊本~鹿児島中央間で運転を見合わせている。大雨の影響により九州新幹線熊本駅鹿児島中央駅間)を発着するきっぷを所持している利用者に対し、利用を見合わせる場合は無手数料できっぷの払い戻しを行う。

16時45分時点では、新岩国~新山口間で徐行運転を行うため、新大阪駅博多駅間の一部新幹線に10分から15分の遅れが出ている。

JR九州運行情報

JR九州管内では九州新幹線が熊本~鹿児島中央間で運転見合わせ。吉都線 都城~吉松間、鹿児島本線 川内~鹿児島中央間、指宿枕崎線 鹿児島中央~枕崎間、日豊本線 南宮崎~鹿児島中央間、日南線 南宮崎~志布志間、肥薩線 八代~隼人間で終日運転を見合わせている。

雨規制により鹿児島本線 羽犬塚~熊本間は運転見合わせ、門司港~羽犬塚と熊本~八代間は遅延が生じている。他にも筑肥線 山本~伊万里間、久大本線 久留米~日田間、長崎本線 肥前山口~長崎間・喜々津~浦上間、大村線 早岐~諫早間、原田線 原田~桂川間で運転を見合わせ。久大本線 日田~大分間、長崎本線 鳥栖~肥前山口間で遅延。

特急かもめ号、みどり号、ソニック号、ゆふ号、ゆふいんの森号にも17時10分現在運休および遅延が発生している。

JR西日本運行情報

JR西日本は、小浜線越美北線九頭竜線)・高山本線大糸線では大雨が見込まれるため、7月6日夕方から終日にかけて列車に遅れや運転取りやめが出る可能性があると発表。氷見線城端線なども7月7日は運転取りやめの可能性がある。

京阪神地方では関西線加古川線7月7日早朝から大雨が見込まれるため運転取りやめの可能性がある。JR西日本によれば、7月6日22時頃に同社HP上で情報更新を行うという。

中国エリアでは赤穂線日生駅~備前片上駅間で倒木により運転を見合わせていたものの、17時頃から運転を再開。一部列車に遅れが出ている。広島・山口地区では大雨のため山陽本線・呉線・福塩線岩徳線宇部線小野田線美祢線などの一部区間で終日運転を見合わせ。その他の区間でも遅れが生じている。

エリアリアルタイムの情報に関しては、JR西日本JR九州の公式HPのみならず、JR西日本列車運行情報アプリJR九州アプリTwitterなどのSNSにおける公式アカウントからも確認出来る。

鉄道チャンネル編集部