バルセロナジョゼップ・マリアバルトメウ会長が、リーガの判定に関して苦言を呈した。スペイン『アス』が伝えている。

5日、ラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオvsレアル・マドリーが行われ、0-1でマドリーが勝利。7連勝を飾った。

試合では71分にボックス内でブラジル代表DFマルセロが倒された際に、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)が介入した結果PKの判定に。これをスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが決め、決勝点となった。

一方でビルバオのMFラウールガルシアがマドリーのボックス内で倒されたシーンでは、VARが使用されることなくノー・ファールの判定となり、物議を醸していた。


直近の試合でVARの判定がマドリーに有利に働くことはこれが初めてではないが、これを受けてバルセロナバルトメウ会長は、スペインMovistar』のインタビューの中でVARの判定が特定のチーム助けていると批判した。

「ビルバオでの試合を観た。こう言ったことを言いたくはなし、繰り返しになるが、VARが適切に使われていないと思う」

新型コロナウイルス(COVID-19)による中断が明けて以来、判定が公平ではなく、それが試合結果に表れており、同じチームをいつも贔屓しているように見える」

スペインサッカー連盟にもこのことについてはVARが導入された当初にも話している」

「VARは審判をサポートするためにあるものだが、ここ数週間の中で、それが公平に使われていないことを示すケースをみんなが見ることができた思う」

サムネイル画像