巨大コウモリ


 今から2年前にネット上で注目を浴びた巨大コウモリが、再びネットで話題になっている。

 そのコウモリフィリピンの熱帯地域に生息しているということだが、ぶら下がった姿がかなり大きく見え人間と同等のサイズ感だという。

 画像加工がお手軽となっている時代である。果たしてこの画像はリアルなのか、フェイクなのか?ネット上では物議を醸しており、真偽を確認するファクトチェックサイトにてその判定が下されたようだ。

―あわせて読みたい―

オオコウモリはごちそう。パプアニューギニア
めっちゃなついとる!コウモリをペットとして飼っている男性の日常(インド)
驚愕!吸血コウモリが人間の血の味を覚え始めていることが判明(ブラジル研究)
顔だけじゃなくそのなつきっぷりまで。空飛ぶ子犬かよ!ってくらいコウモリの犬化が著しい件に関して(オーストラリア)
オーストラリアの洞窟で目撃された奇妙なヒューマノイド系未知生物

世界最大級のフィリピンオオコウモリ

 フィリピンのセブ島に生息するフィリピンオオコウモリは、数種類存在するとされ、どれも広げた翼の幅が1.5メートル以上にもなるという。

 2018年ネット上で注目されていた1枚の画像が、再び今年6月24日に別のユーザーTwitterシェアされると、たちまち拡散した。


 右下に写るバイクと比べてみるとそのサイズ感がわかりやすいだろう。

 「そのコウモリは確かに巨大で、人間サイズというのも誇張ではなさそうだ。身長的には「人間の子供サイズ」だが、それでも大きいことには間違いない。

 これを見たユーザーらが驚きの声をあげ、物議を醸したのは言うまでもない。


 上下さかさまにした画像も

ファクトチェックサイトでは「本物」と判定


 今回、ネット上ではこの巨大コウモリの画像が果たしてリアルなのか、コラなのかという物議を醸す結果になった。

 どうやら、ファクトチェックサイトSnopesはこの真偽を去年に調査しており、この件については次のように記載されてある。

2019年5月、当サイトはこの画像についての真偽を調査するよう、多くの問い合わせを受けた。

この写真に示されているコウモリは、フィリピンに生息する巨大コウモリの一種Giant Golden Crowned Flying Foxではないかということだったが、その種が特徴とする頭部の金色の毛皮を持っているようには見えない。

実際には、フルーツコウモリ(果実や花蜜などを主食にするオオコウモリ類)としても知られる別の巨大コウモリであるLarge Flying Foxの一種かもしれない。我々は、同じコウモリYouTubeでも発見している。結局のところ、この写真の種を明確に特定することはできなかった。

いずれにせよ、小説から飛び出て来たような巨大なコウモリは、嘘ではなく実際に存在する生物である。敢えて言うならば、SNSで伝えられている「人間サイズ」というのは、翼幅を広げた大きさが、という意味である。

現在、この画像のコウモリの種についてBat Conservation International(国際コウモリ保護協会)に連絡中であり、詳細が分かり次第お伝えしたい。



 なお、Large Flying Foxは翼幅が1.5メートルGolden Crowned Flying Foxにおいては翼を広げると1.7メートルにもなるということで、まさにリアルバットマンもしくはドラキュラを想像してしまう人も少なくないだろう。


 ちなみに、Flying Foxという種の大型コウモリオーストラリアにも生息しているそうだ。


World's Largest Bat - Flying Fox

 あまりの大きさに、SNSユーザーからは「ここまでくるともうコウモリには見えないな」「子供の人間サイズでも十分コワイ」「こんなのが玄関先にぶら下がってたら失神する」といった声が寄せられている。


 飛び方がまるで大型猛禽類


Grey Headed Flying Foxes - Slowmotion and dipping behaviour

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292433.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

生まれてすぐに保護された子猫、保護施設から仮里親を経て永遠の家族の元へ。その家族はなんと!(アメリカ)
群れとはぐれたメスライオン、感動の再会へ(南アフリカ)
サモエド犬「もう帰っちゃうの?次はいつ?」お友だちが帰っちゃってさびしさMAXしょんぼりな犬
雨の中、飼い主を外で待つ犬に傘を差しかけ続けた警備員(イギリス)
子猫の成長記録。同じ構図で撮影した生後3か月の時と3歳の時を比較してみた

―画像の紹介記事―

雨の中、飼い主を外で待つ犬に傘を差しかけ続けた警備員(イギリス)
ファミチキ?美味しそうなフライドチキン!と思ったらがっちり固い鉱物だった(アメリカ)
現場からは以上です!高額のワインに車、MRIに太陽光発電所。大損害を伴った15の事故現場
家の中にマンホール?ネットで見つけた7つのすごい光景
犬の猫化。猫2匹のいる家にやってきた保護犬の場合、すっかり自分を猫と思い込む
リアルなの?フェイクなの?人間サイズの巨大コウモリの画像がネットで物議をかもす