10月からスタートするテレビアニメ神達に拾われた男」の追加キャストが発表され、桑原由気小野大輔高野麻里佳らの出演が明らかになった。

同作は、小説投稿サイト「小説家になろう」発のRoy氏による異世界ファンタジー小説のアニメ化。死を境に異世界へ転生した主人公リョウマが、多種多様なスライムたちに囲まれ、公爵家や街の人々の優しい心に触れながら新たな人生をまったりと過ごす日々を描く。監督は「異世界はスマートフォンとともに。」の柳瀬雄之、シリーズ構成・脚本は「邪神ちゃんドロップキック」の筆安一幸キャラクターデザイン総作画監督は「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の出口花穂、音楽は「からかい上手の高木さん」の堤博明が務め、アニメーション制作はMAHO FILMが行う。

追加キャストは、明るい性格でリョウマともすぐに打ち解けるジャミール公爵家のお嬢様エリアリアを桑原、森でひとりだったリョウマを気にかけて世話を焼くジャミール公爵家の当主ラインハルトを小野、リョウマが冒険者ギルドで初仕事を受けた際の依頼主でもある猫人族の冒険者ミーヤを高野が担当。さらに、リョウマを異世界に転生させた3柱の神で彼を温かく見守る創造神ガイン役には清川元夢、愛の女神ルルティア役には井上喜久子、生命の神クフォ役には小市眞琴ブラック企業に務めていたリョウマの前世の竹林竜馬役には安元洋貴、彼の後輩で気弱なオタク系な青年の田淵役には古川慎が配役された。

起用を受け、桑原は「エリアリアはお嬢様ではあるけれど、それを感じさせるような雰囲気をまとっておらず、人懐っこくて愛くるしい女の子という印象を受けました。元々持っている育ちの良さに合わせて、好奇心旺盛で実は度胸もある! そんなたくさんの表情を持ち合わせた彼女の魅力を最大限に引き出せるよう、頑張りたいです!」と意気込みを語っている。テレビアニメ版公式サイト(https://kamihiro-anime.com/news/#news20200703_002)では今回出演が発表されたキャスト陣による本作の印象、それぞれが演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みが掲載されている。

(C)Roy・ホビージャパン/『神達に拾われた男』製作委員会