サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元スペイン代表FWダビド・ビジャ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。


シーズン限りで現役を引退したビジャ氏。バレンシアでの活躍後、2010年バルセロナへと移籍し、公式戦119試合に出場し48ゴール24アシストを記録していた。

そんなビジャは、移籍初年度の2011年5月28日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦では見事なゴールを決めていた。

ウェンブリー・スタジアムで行われたこの一戦。バルセロナが2-1とリードしている中で迎えた69分にビジャワールドクラスシュートを見せる。

敵陣右サイド深くを攻め込んだバルセロナは、FWリオネル・メッシが単騎突破。相手MFナニとDFパトリス・エブラをかわしてボックス内へと侵入するが、MFセルヒオ・ブスケッツへのラストパスはずれてしまう。

それでも、ユナイテッド守備陣がクリアし損ねたところをブスケッツが拾うと、ペナルティーアークで待ち構えたビジャへとパス。フリーで受けたビジャは、落ち着いてトラップし、足元にボールを置くと、優しく右足を振り抜いた。

放たれたシュートは綺麗なカーブを描いて、相手GKエドウィン・ファン・デル・サールの手が届かないゴール右上隅へと吸い込まれていった。

この美しいゴールについては、ビジャ氏自身もキャリアを通じてのベストゴールと明言している。自身にとって初のCL優勝につながるゴールだっただけに、思い出深さもひとしおのようだ。

サムネイル画像