ザ・ビートルズは、全長18フィート(約5.5メートル)のホホジロザメが理由で5000万ポンド(約67億円)もの再結成コンサートのオファーを断ったことがあるそうだ。

1970年に解散した同バンドだが、その5年後、現在では2億ポンド(約290億円)相当に値するその巨額オファーを受けたものの、前座が人間対サメの試合であったことに不満があったため、実現に至らなかったとリンゴ・スターが明かした。

サンデーミラー紙にリンゴはこう振り返る。

「再結成について1度話したことがある。世の中にはクレイジーなオファーがあるもんでね」
「互いに連絡を取り合って、どう思うか聞いた。でも前座がサメに噛みつく男だっていうんで、やらないことに決めたんだ」

その後、1980年ジョン・レノンは殺害され、2001年ジョージ・ハリソンはがんで他界しているが、唯一の残存メンバーであるポール・マッカートニーと共にバーチャルライブを行う予定のリンゴは、2人がまだ生きていれば、バンドとしての再結成も十分にあり得たと考えているようだ。

ジョンジョージが生きていたら、間違いなくその可能性はあっただろう。ポールと僕はまだ現役なわけだし。ジョンもきっとツアーをしていただろう。ジョージは分からないけど。自分たちが好きなことをまだやっていたはずさ」「別々にか一緒にか、それは誰にも分からない」とリンゴは語った。