志村けん
音楽情報サイト「MUSIC LIFE CLUB」では特設追悼コーナーとして『志村けんが愛したブラックミュージック』が設けられ、かつて志村けんが執筆していたレコード評が隔週金曜に再掲載されている。この度、音楽&カルチャー雑誌『jam』の1980年9月号に掲載されていた同氏のインタビューが、7月10日(金)12:00に再掲載されることに。

志村けんのインタビューがMUSIC LIFE CLUBにて再掲載決定

これまで再掲載されたプリンス(Prince)の『愛のペガサス』、ジャクソンズ(Jacksons)の『トライアンフ』、チャカ・カーン(Chaka Khan)ノーティ(じゃじゃ馬馴らし)』などのレコード評が多方面から注目を集めている中で次回公開されるのは、志村けんお笑い界における仕事と音楽の結びつき、そして音楽へ対する想いなどが語られた貴重なインタビューだ。 また今回の発表に伴い、掲載記事からの抜粋が一部到着した。その内容を読みながら、公開を是非楽しみにしてほしい。
僕たちの仕事にはテンポっていうものが大切なんだけど、それは音楽から得るところが多いよ。   ーー現在の仕事と音楽が趣味であることの結びつきには?   直接には結びついてないかもしれないけど、自然と舞台の上の会話とかテンポなどにでてきますね。ドリフメンバーも元バンド・マンだったから、そういう面では、テンポとかリズム感が合いますよ   ーー思い出深い楽曲は?   オーティス・レディングの“セキュリティ”は妙に思い出に残ってる曲ですね。特にソウルに凝り始めたキッカケはオーティス・レディングが最初ですね。まぁ、一時、付き人辞めてスナックをやってたことがあるんですけど、そこのジューク・ボックスの中にその曲が入っていてね。朝、掃除する時から、その曲ばっかり聴いていましたヨ。   ーーソウルに魅かれるのはどんなところですか?   今もそうですけど、最初はスローな曲が好きだったんですヨ。黒人の、あの叫ぶ声が良くてね。でも一日の雰囲気によって聴き分けています。朝なんてファンキーなのを聴いたり、酒飲む時はスローなのを聴いたりね。
志村けん
Photo by Masashi Kuwamoto
詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.