モデルタレントの谷まりあ(24歳)が、7月6日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。昭和の時代、学校の体育で女子がブルマを着用していたことに、強い嫌悪感を示した。

この日、制服など学校での服装についてトークが進む中で、ドランクドラゴン鈴木拓(44歳)が「我々の(学生の)ときは、まだ女性、ブルマでしたよね。体育のとき」とブルマの話題を切り出しよゐこ濱口優(48歳)も「そうやなぁ」とコメント

これに谷は「有り得ない。ほんと有り得ない。イヤだぁ」と嫌悪感を示し、番組の月曜日メンバーで最も若いモデル・女優の鈴木美羽(20歳)も「マンガとかでたまにあるじゃないですか。えっ、有り得ない…無理…」と、やはり強い拒絶反応を示した。谷や鈴木美羽の学生時代は短パンだったそうで、谷は「全然、男子と同じ短パンでした」と語る。

さらに濱口は「女子が体操着の上を伸ばしたらアカンって時期もあったのよ」と、昭和の体育の授業風景を説明すると、女性陣は不思議そうに「どういうことですか?」。「ブルマをちゃんと出さないといけない」「上を必ずイン」と重ねて説明を受けると、女性陣は「もう本当、セクハラですよね」と、信じられないといった様子だった。