マス目模様からストライプに戻り、青と赤のストライプ採用のクリスタル・パレスに酷似

 名門バルセロナは、「ブラウ・グラナ」と呼ばれる青とえんじのチームカラーが広く知られている。2020-21シーズンホームユニフォームがリークされたなか、そのデザインプレミアリーグクリスタル・パレスに酷似しているとファンが騒然となっている。

 すでにバルセロナの来季ユニフォームデザインネット上でリークされているが、英紙「ザ・サン」は「バルセロナの2020-21シーズンホームユニフォームリリースされたが、ファンクリスタル・パレスユニフォームだと確信している」と見出しを打って取り上げた。

 バルセロナは青とえんじがチームカラーとして知られる一方、クリスタル・パレスは青と赤。色味にやや違いはあるものの、バルセロナが今季のマス目模様からストライプになったことで、クリスタル・パレスを彷彿させる仕上がりとなっている。

 記事では、「バルサの伝統的な赤と青の縦縞による新デザインは、今季イーグルスクリスタル・パレスの愛称)のユニフォームに酷似している」と触れ、ツイッター上のファンの声を紹介している。

クリスタル・パレスのように見える」
クリスタル・パレスユニフォームじゃないの?」
「あまりに完璧に一致しすぎだろ」
クリスタル・パレスの“スペイン支店”」

 実物がお披露目された際、果たしてファンはどのような反応を示すのだろうか。(Football ZONE web編集部)

バルサの新ユニフォームが話題(※写真は現在のもの)【写真:Getty Images】