日本と比べると、中国のインフラ工事は驚異的な速さで進められるが、これは「道路の整備」も例外ではない。しかし、日本と中国の両国の道路の質には大きな差があるという。中国メディアの百家号は1日、同じアスファルト舗装の道路でも、「中国は毎年部分的な補修を必要とするのに対し、日本の道路は時間が経過してもきれいなままだ」と論じる記事を掲載した。

 中国には「裕福になりたければ、先ず道路を作れ」という言葉があるが、記事は「経済の発展には道路の新設や補修は不可欠である」と主張。中国で急ピッチで進められてきた道路整備は中国経済の発展に大きく寄与してきたが、「日本の道路と比較すると、アスファルトという同じ素材を使っているにも関わらず、中国の道路は絶えず補修が必要となるのはなぜなのか」と問いかけた。

 そして、「中国の道路は毎年補修が必要であるのに対し、日本の道路は時間が経過してもきれいなまま」だと主張する理由について、独自の分析を展開。それは何事も手を抜かない日本人の「厳格さ」という特性が大きく関係しているとし、「道路整備に先立ち土地の調査や測量に多くの時間と費用を費やし、測量の完了後に初めて工事が始まる」と指摘。また、本格的に道路が開通する前にも「テスト走行の期間を設けたり、不備な点が無いかを確認することもある」と、工事の厳格さを説明した。

 続けて記事は、中国では建設や整備のスピードが何よりも優先されるが、経済成長を遂げた中国では「スピードの速さ」が、利益につながることは周知の事実であり、決して疎かに出来ないことでもあると指摘。一方、日本では何事もスピードより質を優先させるゆえに、道路の完成後に亀裂や陥没箇所が現れることがないのだと論じた。

 日本と中国では国の事情が異なるゆえに、工事の方法に相違があるのは当然の事とも言えるが、中国のインフラ工事のスピードの速さは日本人からすれば驚異的なのは事実だ。日本であれば数年かかりそうな工事でも、中国は人海戦術で数週間から数カ月で完成させてしまう。日本が質を優先しているのに対し、中国は質よりスピードを優先しているのは間違いないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

日本と中国の「道路の質」に「こんなにも大きな差があったとは」=中国報道