バリアフリー機能を搭載したマルチコピー機<MX-3610DS>

シャープマーケティングジャパン株式会社(本社:大阪府八尾市、代表取締役社長:中山藤一)は、東京都調布市役所(市長:長友貴樹)に視覚障がい者向け「音声ガイダンス」などのバリアフリー機能を搭載したマルチコピー機<MX-3610DS> 2台を納入しました。住民票の写しや印鑑登録証明書を発行する「行政キオスク端末」としてご利用いただけます。


本機は、「音声ガイダンス」機能を搭載。視覚に障がいのある方がご利用の際は、備え付けのハンドセットから流れる音声に従って操作することで、マイナンバーカードセットから発行する証明書の選択、料金のお支払いまでの手続きをスムーズに行えます。コイン投入口や証明書排出口などには点字シールを貼付したほか、杖置き(杖やすめ)も設置しています。

また、操作画面を垂直に設定できる「操作画面チルト」機能も搭載。操作画面を垂直にすれば、車いすの方も座ったまま利用可能です。

シャープおよびシャープマーケティングジャパンは、今後もマルチコピー機のバリアフリー対応を進め、利便性の向上に取り組んでまいります。

品名:マルチコピー
形名:MX-3610DS
設置場所:調布市役所(本庁舎、神代出張所に各1台)
利用開始日:2020年7月7日

■ 主な特長
1.視覚障がい者向け「音声ガイダンス」機能を搭載。備え付けのハンドセットから流れる音声に従って操作することで、簡単に証明書が発行できる
2.コイン投入口や証明書排出口などに点字シールを貼付したほか、杖置き(杖やすめ)を設置
3.「操作画面チルト」機能の搭載により、車いすに座ったまま利用可能

※ 視覚障がい者向け「音声ガイダンス」および「操作画面チルト」は、自治体向けマルチコピー機<MX-3610DS>のオプション機能です。各自治体に設置済みのマルチコピー機<MX-3610DS>に追加で取り付けることも可能です。

※※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/200707-a.html

【画像ダウンロードサービス
https://corporate.jp.sharp/press/p200707-a.html

配信元企業:シャープ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ