中国外交部の6日の定例記者会見で、趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が記者の質問に答えた。
【記者】報道によると、日本の菅義偉内閣官房長官は3日の記者会見で、中国海警局の艦船による釣魚島(日本名・尖閣諸島)領海での巡航・法執行活動について、日本政府がすでに外交ルートを通じて中国側に「厳正に抗議」し、日本漁船への接近行為を止め、釣魚島領海から即時に立ち退くよう強く求めるとともに、漁船の安全を確保するため周辺に海上保安庁巡視船を配備したことを表明した。別の報道によると、最近、中国海警局の艦船は釣魚島及びその附属島嶼の領海内で巡航と法執行を繰り返している。中国側として、これについてコメントは。
【趙報道官】このほど中国海警局は釣魚島海域で通常の巡航時、日本漁船1隻が釣魚島領海に不法侵入したのを発見した。中国海警局の船は法に基づいてこの漁船に対して追跡と監視を実施し、中国側海域から即時に立ち退くよう要求した。中国側がすでに外交ルートを通じて日本側に厳正な申し入れを行い、中国の主権への侵害を直ちに止めるよう促した。釣魚島及びその附属島嶼は中国固有の領土であり、釣魚島海域での巡航と法執行は中国固有の権利だ。我々は日本側に対して、4つの原則的共通認識の精神を順守し、実際の行動によって東中国海情勢の安定を維持するよう要求する。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

中国外交部の6日の定例記者会見で、趙立堅報道官が記者の質問に答えた。