経済産業省はこのほど、クラウド型名刺管理サービスSansan」を導入した。約4000人の職員が利用し、デジタル化した名刺を保管、活用する。名刺を整理する時間の短縮や、職員の人脈の可視化といった効果を見込む。提供元のSansanが7月7日に発表した。

【その他の画像】

 職員は今後、外部とのWeb会議の際などに、Sansanの「オンライン名刺」機能も使用する。ユーザーが自身の名刺をスキャナーで読み取ると、名刺データアクセスできるURLを発行し、複数の参加者に送れる仕組み。自己紹介スムーズにするとしている。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、政府の専門家会議が発表した「新しい生活様式」に「オンラインでの名刺交換」が含まれることから、経産省もこの機能を使ってWeb会議を推進。「新たな働き方を目指す」としている。

 経産省では2019年から、一部の部局でSansanを試験導入しており、生産性やパフォーマンス向上の効果が見られたことから正式導入に踏み切った。名刺整理の時間を削減した他、登録した名刺に関連するニュース記事を閲覧できる機能などが役立ったとしている。

経済産業省が「Sansan」を導入、オンライン名刺交換に対応