こんにちは。ライターの高木沙織です。


「今年の夏はボディラインを隠したい!」というか、「隠すしかない……」。だって、自粛太りを解消する間もなく夏を迎えることになる……のですから。


 だけど、「仕方ないよね」と諦めたくない気持ちもあるんです。



 そこで、ダイエットだけではなくストレス発散にもなるであろうパンチングマシンを1週間殴り続けてみました。果たして夏本番を前に体と心はどう変化するのでしょうか。


◆準備だけで痩せそう……
 今回筆者が購入したのはこちらのパンチングマシン。



 ネットショップで約2,000円、水と空気を入れて使用するタイプです。



 まずは準備から。


 土台の部分には水もしくは砂を入れます。※筆者は水を入れました。



 ここがズッシリと重くならないとパンチングマシンがグラグラ不安定に動いてしまうので、とても重要かつ、“どこで水を入れるのか”も考えなくてはなりません。というのも、水を満タンに入れるとかなり重くなり、ひとりで場所を移動させるのが難しくなるから。使う場所を決めてからホースを用いて水を入れ……。



 はい、溢れました。室内でこれは悲劇なので庭に移動してやり直し。


 水を入れたら今度は空気。3か所空気を入れる場所があるのですが、付属の空気入れでは結構な時間を要します。足で踏んだり、手で押したり……、汗だく。これだけでも痩せるのではないかと思うくらいの重労働。



 パンチできる日は来るのかと気が遠くなりながらもやっとのことで完成! いい感じではありませんか。


 それでは早速殴らせてもらいます。


◆2,000円のパンチングマシン、使用感は?
 パンチングマシン初体験につき、いざ目の前に立っても使い方? パンチの仕方(?)がよく分からなかった1日目。


 とりあえず両手・両足で交互にパンチとキック。跳ね返ってくるタイミングと打ちたいタイミングが合わずに空振りをしながらも、20分。ストレス発散になるはずが、上手く打てずにちょっとイライラ



 終わってみると想像以上にハードで、息切れ&汗がしたたり落ちます。これは1週間真面目に取り組んだら体が変わりそうな予感。


 翌朝、筋肉痛がきました! 待ってました……が、パンチとキックを繰り返すことなんて普段ありませんから、お休みしていた筋肉たちが悲鳴をあげ2日目は10分が精いっぱい。


◆3~7日もドンドン体に変化が!
 3日目も若干の筋肉痛が残るなか10分のトレーニング。


 筋肉痛になったのは、腕や肩、胸、脇腹、背中の広範囲。この部分の筋肉が使われているんだなと、自分の身をもって体感できました。つまり、この部分のシェイプアップに期待できるんだと。ひとりでパンチングマシンをただ打っていてもおもしろくないと思い始めてきた頃だったので、モチベーションが上がります。



 4、5日目は15分ほどのトレーニング。だんだんと慣れてきて、テンポよくパンチとキックが繰り出せるように。そして、腹部のねじりが深まり始めたのもこの頃。くびれ、できちゃうかも? 


 また、筆者はストレスがたまると煎餅や芋けんぴのような硬いものをガリガリと食べたくなるのですが、4日目からは食べなくなりました。精神的な面でもいい傾向が表れはじめたのかもしれません。


 6、7日目は、打つ・蹴るときに腹部の力が抜けないように意識をして10分のトレーニング。時間は短くなりましたが、手足の動きが早くなり打ち込む回数は初日よりも格段に増えています。毎日の運動として40分間ヨガをおこなっているのですが、有酸素運動の心地よい疲労感もいいなと思えてきたのが7日目。


◆腕のうしろ側がスッキリした!
 さて、1週間後の気になる体の変化です。



 体重は計る習慣がないので不明ですが、腕のうしろ側(上腕三頭筋)と腹部の両サイド(腹斜筋)がスッキリとしてきたような。これはまさに、パンチとキックの動きによるものでしょう。気持ちが晴れ晴れする日が増えて間食が減ったこともあり、むくみが軽減されたようにも感じます。


 わずか1週間で若干の体型の変化と気持ちの変化を感じ取れたということは、続けていけばまだまだ変われそう。パンチングマシン、継続決定です。


<文/高木沙織>


【高木沙織】美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi