AirPods
昨年画期的なワイヤレスイヤホンAirPods Pro」を発表したAppleノイズキャンセリング機能や外部音取り込みモードの採用など、AirPodsから飛躍的な進化を遂げたことで注目を集めたが、この度、来年発表が見込まれている第3世代のAirPodsについて新たな情報が飛び込んできた。

第3世代のAirPodsはSiPを採用し、小型化?

Apple関連の情報に精通するアナリスト、ミンチー・クオ氏による最新の調査レポートが発表され、その中で、Apple2021年前半に発表するとされる第3世代のAirPodsで、AirPods Proでも採用されているテクノロジー・SiPを採用することが示唆されている。 SiPとは、論理回路やメモリー、入出力回路などのチップをまとめて1つのパッケージに詰め込んでしまうことで、デバイスの中によりコンポーネントを内蔵できるようにする技術だ。これにより、デバイスそのものの小型化を始め、機能向上も期待できる。現状来年発表とされる第3世代のAirPodsでどのような機能が追加されるかは定かではないが、AirPods Pro同様にノイズキャンセリング機能が追加される可能性も? クオ氏は第3世代のAirPodsについて、エントリーモデルAirPodsとなることも指摘しており、AirPods Proに近い機能でありながら、安価で手に入るモデルになることも示唆している。またデザインについても比較的AirPods Proに近いものになる可能性もあると言及している。 今年廉価版iPhoneとも言える第2世代の「iPhone SE」が発表されたが、第3世代のAirPodsはこれと同様、廉価版のAirPods Proとなるのかも? 今後のさらなる情報に期待したい!
AirPods
Photo via Apple Newsroom

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.