ライター編集者の速水健朗がメインパーソナリティをつとめる、TOKYO FMニュース報道ワイド番組「TOKYO SLOW NEWS」の都知事選挙報道番組が、開票日の7月5日(日)に放送されました。ゲスト舛添要一・前東京都知事を迎え、開票動向とともに「新しい生活」が求められる首都・東京の政策課題を改めて深掘りし、これからの東京を考えていきます。


(左から)舛添要一さん、速水健朗


◆小池都知事はIOCと密な連絡を取っていない
速水東京オリンピックマラソンに関してですが、突如IOCから急に北海道で開催するように言われたこともあり、ちょっと(東京から)奪い取ってしまった形になってしまいましたよね。IOCから突然(決定が)下りてきたっていうのは、致し方ないところなのかなって気はするのですが。

舛添:いや、突然下りて来たんじゃなくて、例えば組織委員会の森会長とは(IOC側は)前から何度も話しているんですよ。だから小池さんが蚊帳の外に置かれていたっていうのは、小池さん本人が悪いんです。日頃からIOC側と連絡を取りあっていないんです。

主催都市は東京なんですよ。東京がやるんです、国じゃないんですよ。都知事の小池さんがメインのはずなんです。で、組織委員会があって、JOCがあってIOCがあると。最終的に(すべての判断は)IOCが決めるので、決めるプロセスにおいて開催都市の親方に相談しないっていうのは普通はあり得ないんです。

小池さんはよっぽどお付き合いの仕方がダメなんだなって。私が知事だったら、一番最初に僕に電話をかけてきていますよ。恐らくジョン・コーツ(IOC副会長)が電話をかけてきて、「悪いんだけどちょっと(東京は)暑すぎるから、東京はやめるけど君はそれでいいか? 何か要望はあるか?」って。こうした連絡が(小池都知事に)まったくないっていうのは、日頃からちゃんと連絡を取っていないからで、“合意なき決定”っていうのも、私に言わせれば「そもそも貴方が悪いんでしょう」ってことなんです。

速水なるほど。舛添さんのときはいわゆるやり取りというか、顔繋ぎというか、日頃からそうした関係性を保てるようなことはしていたんですね?

舛添:彼らはしょっちゅう(東京に)来ますし、私も向こうに行けば、例えば公式の晩御飯を食べて、「じゃあちょっと一杯飲みに行こうか」って流れになって、そこで本音でしゃべる時間を作るわけですよ。

速水:関係性を築いておくってことですよね。

舛添:そうです。そして、できれば相手の国の言語でしゃべったほうがいい。つまり通訳を入れないんです、お酒を飲むときは。だからバッハさん(IOC会長)と会話をするときは、私はドイツ語で話をしますよ。

速水:関係性を築く上では、語学も大事だと。そしてお酒も大事。

舛添:ファーストネームで冗談を言い合えるような関係性というか。そういうこともきちんとやっていかないと、やっぱりこれからは問題も大きくなると思います。例えば「来年は中止にするよ」っていう決定を、事前に彼女(小池都知事)に言わないで通してしまうこともあると思いますよ。

速水:今からちょっと関係性を繋ぐ、何かアドバイスとかはありますか?

舛添:今からでもやらないといけないけれど。

速水:間に合いますか?

舛添:結局ですね、小池さんに話すよりも森(喜朗)さんと話したほうが早いってことで、森さんのほうに話が行っちゃうんですよね。

オリンピック開催はダメなんじゃないか…
速水:舛添さんはYouTubeチャンネル舛添要一、世界と日本を語る)を開設して、動画も配信されています。そのなかで来年のオリンピックは結構高い確率で「開催はダメなんじゃないか」っていうふうにおっしゃられていますよね。

舛添:私は準備してきたので絶対にやりたいんですけど、希望だけで物事が動くわけではないですよね。今、アメリカを見てください、ブラジルを見てください。まだ第1波の真最中だと。で、中国は(コロナウイルスを抑え込むのに)4ヵ月もかかったんです。今から4ヵ月後というのは10月ですよね。IOCが中止を決めるかどうかの期限なんです。

それとワクチン次第です。明日にでもワクチンができればOK。しかし、私が新型インフルエンザなどで厚労大臣として対応した経験で言うと、コロナ型は難しいんです。そして(ワクチンができるまで)最低1年から2年もかかります。今、治験をやっているって言いますけど、世界全体の77億人という人口に打つだけのもの(ワクチン)が準備できるか、しかも副作用がないものを。これはそう簡単ではないです。ですから、甘い希望的観測はやめたほうがいいということです。

<番組情報>
番組名:TOKYO SLOW NEWS 特別番組『東京都知事選2020“withコロナ”の東京戦略』
パーソナリティ:速水健朗(編集者)、鈴木昌久(TOKYO FMアナウンサー
出演者:舛添要一(前東京都知事)
番組サイト: https://www.tfm.co.jp/tokyoslownews/
舛添要一、小池都知事のオリンピック開催への熱意に「甘い希望的観測はやめたほうがいい」