芋虫

 芋虫や毛虫が苦手という人は結構多い。私はどちらかというと好きな方で、小学校時代、積極的にかかわりに行った結果、そいつらが毒持ちで全身に湿疹ができ皮膚科通いをした経験が何度かある。

 なので、むやみやたらに触ることはオススメしないが、芋虫を近くでよく観察すると、意外な魅力に気が付くかもしれない。

 今回は芋虫の脚に注目してもらいたい。小枝や茎を握りしめるその脚だけ見れば、すごくかわいいのだ。猫や犬の肉球レベルかわいいと思えてしまうのは私だけなのだろうか?

 ということでこの後芋虫がばんばん出てくるが、特に脚だけに注目してみてほしい。

―あわせて読みたい―

頭を三角に尖らせて毒蛇に擬態するベニスズメガの幼虫の変身ビフォア・アフター
神秘の透明イモムシ!プルップルのゼリーみたいな「ジュエルキャタピラー」(画像+動画)
猫顔のイモムシだと?キティそっくりな顔をもつヒメジャノメの幼虫(昆虫注意)
ぎゃ、逆に?「私は毛虫です。鳥のヒナとかじゃありません」。毒毛虫に成りすますハイイロモンキタイランチョウのヒナ
草を握りしめるイモムシがあまりにもかわいすぎたので、コラ職人がんばる

 芋虫はちょっと細長く、一見蛇のように見えるかもしれないが、昆虫の幼虫だけに、頭部・胸部・腹部にしっかり分かれている。

 脚がたくさんあるように見えるが、胸部にあるのが本当の脚で、「前あし・中あし・後ろあし」が2つずつ、合計6本ある。腹部にあるのは腹脚で、そしてお尻に尾脚が1対ある。

 でもって以下の画像は腹脚で枝をむぎゅっとしているところだ。脚の形や握りしめ方に注目してみてみよう。ほら、かわいく見えてきた。

1.
1_e0


2.
2_e0

3.
3_e

4.
4_e

5.
5_e

6.
6_e

7.
9_e

8. 動いてるのもかわいい
3GqwZJa - Imgur

 蝶や蛾は一度に数十から数百と、たくさんの卵を産むけど、そのほとんどは幼虫時代に食べられてしまい、大人になれる個体は少ない。

 芋虫や毛虫たちは、鳥や肉食の昆虫などにとって格好の餌となるからだ。擬態することで生き抜く工夫をしているが、それでも多くが食べられてしまう。がんばって生き残ってもサナギになった状態で捕食されてしまうことも多い。

 厳しい毎日を生き抜いたものだけが蝶や蛾となれるわけだ。なので蝶や蛾を見かけたら、よくぞここまで育ってくれた!というまなざしで見守ってあげることにしよう、そうしよう。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292490.html
 

こちらもオススメ!

―昆虫・爬虫類寄生虫についての記事―

遺伝子組み換え蚊、7億5千万匹の放出にゴーサイン(アメリカ・フロリダ州)
レゴブロックで蜂の巣を作成した男性、3万匹のミツバチが巣として利用(アイルランド)
ヒトラーの愛したワニがモスクワ動物園で死去。享年84歳
新型コロナ・殺人バチ・巨大トカゲ(今ココ) 更なる脅威がアメリカを襲う(※トカゲ出演中)
赤と黒のインパクトがすごい大型のカタツムリ「ファイヤー・スネイル」にズームイン!(マレーシア)

―画像の紹介記事―

足の先から指先まで。ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』の超高画質、拡大画像がオンラインで閲覧可能に
好奇心旺盛なキツネ、スペアタイヤに頭が挟まり困惑状態。地元の人々の手で救助へ。
リアルなの?フェイクなの?人間サイズの巨大コウモリの画像がネットで物議をかもす
雨の中、飼い主を外で待つ犬に傘を差しかけ続けた警備員(イギリス)
ファミチキ?美味しそうなフライドチキン!と思ったらがっちり固い鉱物だった(アメリカ)
肉球レベル?脚だけ見れば相当かわいい、芋虫が小枝をつかむその脚にズームイン(※芋虫出演中)