タレント明石家さんま(65歳)が、7月6日に放送されたバラエティ番組「痛快!明石家電視台」(毎日放送)に出演。現在の芸能界を「生きにくい」と評し、過去の自身を振り返り「今の時代ならひょっとしたらアカンかったかも」と語った。

さんまはこの日、「お前らはええ時代暮らしてきたか。次長課長中川家もキャリア的には」とした上で、「いま第7世代とかアインシュタインとかは、こんな生きにくい芸能界に、これから暮らしていくと思うと…」と語り、タレント間寛平(70歳)が「可哀想やなぁ」と相づち。

そしてさんまは「兄さん間寛平)なんてもう、渡部…どころじゃない、全部入ってるからね!徳井も入ってるやろうし、宮迫分も入ってるやろし、紳助分も入ってる、全部。全部やらかした」と、いきなり際どいトークを繰り出すと、間がたまらず「ちょい!ちょい!待ちなさい」とストップをかけた。

さんまは「ホンマやんか兄さん」と続けると、間は「ちょっと…しっ!」と苦笑。さんまは「オレも数々のスキャンダルがあったけども、今の時代ならひょっとしたらアカンかったかも」と語った。