任天堂は、有料サービス「Nintendo Switch Online」の加入者が利用できるファミリーコンピュータスーパーファミコン Nintendo Switch Onlineにて、7月15日(水)に3つのゲームタイトルを追加すると発表した。

 『ファミリーコンピュータスーパーファミコンNintendo Switch Online』は、ファミリーコンピュータスーパーファミコンタイトルをいつでもどこでも遊ぶことができる「Nintendo Switch Online」の加入者特典のひとつである。今回、スーパーファミコン向けのタイトルにはアトラス真・女神転生(1992)と任天堂スーパードンキーコング(1994)が追加された。

 『真・女神転生』は、「悪魔召喚プログラム」と呼ばれるものを小型のコンピュータインストールした少年が、次々と起こる奇妙な事件へと巻き込まれていくロールプレイングゲーム交渉によって「仲魔」(仲間の悪魔)を増やす点や、より強い仲魔を作りだす「悪魔合体システムが特徴となっている。

 主人公には、秩序を重んじるLAW(ロウ)」と混沌を重んじるCHAOSカオス)」、そしてどちらにも属さないNEUTRAL(ニュートラル)」の3属性があり、主人公自身の行動や選択によって属性が変化。物語の結末が大きく変わるマルチエンディング方式が採用されている。

(画像は任天堂公式サイト トピックより)
(画像は任天堂公式サイト トピックより)

 もうひとつの『スーパードンキーコング』は、大きな体に力自慢のドンキーと身軽な体ですばしっこいディディーがさまざまなアクションで敵を倒したり、仕掛けを乗り越えたりしていくアクションゲーム。先頭にいるキャラクターのみが操作可能なため、状況に応じて先頭のキャラクターを切り替えながらゴールを目指す。

 木箱の中にはサイのランビカジキエンガードといった味方の動物「アニマルフレンドが入っており、これらのアニマルも活用しながら、ワニのキングクルール」率いる“クレムリン軍団から奪われた大量のバナナを取り返す冒険を繰り広げていく。

(画像は任天堂公式サイト トピックより)

 また、ファミリーコンピュータ向けの作品にはセガが1991年に発売した『ガンデック』が追加される。本作は2139年の世界を舞台に、悪の組織敢然と立ち向かう命知らずの特捜刑事「VICE」たちの活躍が描かれるアクションゲームとなっている。

 プレイヤーは「VICE」のメンバーである「ハートブラバム」を操作し、スピード感あふれるカーチェイスや3種の武器を使い分けるバトルアクション、そして迫りくる敵を打ち倒す3Dシューティングへと挑む。

 過激で変化に富んだサイバーパンクバイオレンスの世界が3つのモードで描かれている本作では、ステージ間にアニメーションも登場。ゲームの臨場感を演出してくれている。

(画像は任天堂公式サイト トピックより)
(画像は任天堂公式サイト トピックより)

 7月15日(水)に追加された際には、ぜひスクリーンショットや動画キャプチャーの機能を利用して感想や自身の体験、そして当時の思い出SNS上で共有してみてほしい。

ライターヨシムネ

2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。