東京大学の研究チームが開発した「PneuModule」は、PCのハードウェアとして使われる感圧タッチ面(トラックパッド)を拡張するモジュール型インタフェースだ。モジュールを感圧タッチ面に接触させ操作することで多様なインタラクションが可能になる。

【その他の画像】

 PneuModuleは、立方体メインモジュールにつながっている拡張モジュールを感圧タッチ面に載せて使用する。メインモジュールは、空気圧で作動する膨張可能なピン配列で構成。拡張モジュールには空気圧を送る気室を組み込んでいる。

 拡張モジュールは、メインモジュールの上面と側面のいずれかに着脱でき、マーカー設計により、どの拡張モジュールが接続したかを素早く識別できる。

 拡張モジュールメインモジュールに接続すると、対応するピンが拡張モジュールの気室による空気圧で作動する。膨らんだピンが感圧タッチ面に触れて操作を入力する。これらの動作によって、さまざまな制御が可能だ。

 押す、ひねる、曲げる、回す、握るなどで作動する多様な拡張モジュールプロトタイプとして作成している。

 これらを用いたアプリケーションとして、 スペースインベーダーシューティングゲームバーチャルキャラクター制御、音楽のコントローラーなどを紹介している。

※この記事は、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディアSeamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

PneuModuleを用いて感圧タッチ面上で操作する様子