D4エンタープライズは、同社が運営するレトロゲーム配信サイト「プロジェクトEGG」で、約800タイトルが最大85パーセントオフになる「GoGo!!キャンペーン」を開始したと発表した。なお、購入するには税別500円の月額会員となる必要があり、購入したゲームでも会員を脱退すると遊べなくなってしまうが、再加入すると遊ぶことができる。

 日本の80年代PCゲームは、現在に繋がるさまざまな礎を築いた重要なタイトルが多く含まれている。しかしこういったゲームを、現在では実機でプレイするには、とても困難を極める。メンテナンスされた中古PCを当たるしかなく、さらにソフト自体もカセットテープフロッピーディスクといった磁気メディア経年劣化が激しいため、PCの扱いかたを含めて専門的な知識とある。

 プロジェクトEGGは、こうした悩みを解決する、80年代PCゲームを気軽にアクセスできるプラットフォームだ。PC88PC98FM-7、X1などで発売した80年代から90年代初頭にかけての日本のPCゲームを豊富にラインナップしており、Windows 7や10などで遊ぶことができる。

(画像はプロジェクトEGG『ハイドライド』より)

 今回さまざまな作品が値引きの対象となっている。RPGアクションRPGだと、内藤時浩氏が手掛けたハイドライドシリーズや、木屋善夫氏が手掛けた日本ファルコムザナドゥソーサリアン、同じく日本ファルコムの『イースシリーズが注目だろう。内藤氏も木屋氏はスタークリエイターとして注目を集めた。

(画像はプロジェクトEGG『イース』より)

 アドベンチャーゲームでは坂口博信氏がスクウェアで手掛けたデビュー『THE DEATH TRAP、その続編WILL -THE DEATH TRAP II-』、当時、高い表現力のグラフィックで驚かせたT&E SOFT『惑星メフィウス』『サイオブレード』 といったSFアドベンチャーなどもある。

(画像はプロジェクトEGG『WILL -THE DEATH TRAP II-』より)

 シューティングゲームアドベンチャーゲームを組み合わせたスタートレーダー、縦スクロールシューティングゲームの名作シルフィード』、海外で異例の大ヒットを記録したゲームアーツアクションシューティング『テグザー』、また女性向けゲームの先駆的存在であるメルヘンヴェール』も注目だろう。シミュレーションゲームでは、アートディングのA列車で行こうシリーズや、システムソフト天下統一なども対象だ。

(画像はプロジェクトEGG『テグザー』より)

 こうしたソフトは発売したPCによって、同一タイトルであっても、グラフィックゲームの仕組みが違うものがある。また必ず後年に移植されたものがグラフィックが強化されているというわけでもなく、あくまで発売したハードによって合わせられている。多機種同時発売ということも多いのだが、一番最初に発売したハードバージョンを重視するか、それとももっともグラフィックが強化されたバージョンを購入するか。同一タイトルを見比べてみるのも一興だろう。

 80年代ゲームでもファミコンは遊んだことはあっても、国産PCゲームはなじみがない、という人はこの機会に、80年のPCゲームを遊んでみてはいかがだろうか。

Project EGG 特設サイトはこちら

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman