『同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワーク』(世界思想社) 著者:黄 順姫


記憶とノスタルジア

『同窓会の社会学』を読む

同窓会に出ておもしろいことの一つは、意外性に出合うことではなかろうか。

学生時代は、いるかいないかさえはっきりしなかった女子が、華やかな有閑夫人に変貌していて、エッとうなること。逆に昔のモテ男が、見る影もなくなっている場合もある。昔、抱いた羨望と嫉妬感情の怨み? をはらしたりもできる。

そんなよこしまな感情を持って同窓会に出席していても、最後に運動会や対抗戦で必ず唄った応援歌を全員が肩を組んで大声で唄うと、「特別な性質がしみこんだ」(一六頁)過去が現前し、目頭が熱くなる。何十年も前の学校生活がすべて楽しかったわけではないにもかかわらずに、である。いったいこの感動は何に由来するのか。

同窓会会場は「疑似学校空間」であり、「運動会空間」となって集合的記憶が再生され、ノスタルジアが創出されるからだ、と本書(黄順姫(ファンスンヒー)『同窓会の社会学――学校的身体文化・信頼・ネットワーク』世界思想社、二〇〇七年)はいう。

調査校は福岡県立修猷館高校。藩校から始まる名門校で、広田弘毅元首相(一八七八~一九四八)や山崎拓衆議院議員などの母校。面接調査、学校史・文集の分析、質問紙調査によって、同窓会ウォッチを十数年も続けた成果である。

本書は学校愛の分析だけにとどまらない。同窓生の信頼を通じての人脈資本(社会関係資本)の形成と蓄積についてまで対象を広げている。

ある卒業生は、学校時代は目立たなく、友人も少なかった。しかし、卒業後同窓会活動に熱心に取り組み、しだいに同窓生の信頼を獲得する。彼が施設をつくりかけているといううわさが同窓会ネットワークで広がると、有形無形の援助がひきもきらなかった、という。

「同窓生の過去の学校は、彼らの現在の学校であり、未来に開かれた学校でもある」(一八頁)と著者はいう。名フレーズである。

【書き手】
竹内 洋
社会学者。1942年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位修得退学。教育学博士(京都大学)。京都大学大学院教育学研究科教授、同研究科長、同学部長を経て、関西大学文学部教授、同人間健康学部長を歴任。現在関西大学東京センター長京都大学名誉教授・関西大学名誉教授。著書:『教養主義の没落』『丸山眞男の時代』(いずれも中公新書)、『社会学の名著30』(ちくま新書)『学歴貴族の栄光と挫折』(講談社学術文庫)『メディアと知識人 清水幾太郎の覇権と忘却』(中央公論新社)『大衆の幻像』(中央公論新社)など多数。第39回日経・経済図書文化賞受賞(『日本のメリトクラシ―』東京大学出版会、による)。第13回読売・吉野作造賞(『革新幻想の戦後史』中央公論新社、による)。

【初出メディア
週刊東洋経済 2007年11月3日

【書誌情報】

同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワーク

著者:黄 順姫
出版社:世界思想社
装丁:単行本(244ページ)
ISBN-10:4790712648
ISBN-13:978-4790712640
同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワーク / 黄 順姫
同窓会会場は「疑似学校空間」であり、「運動会空間」