マイナポイントの話題が、日に日に大きくなっている。チャージ金額に対して最大25%分のポイントを国庫負担で付与するこのキャンペーンだが、既に各キャッシュレス決済銘柄の間で「マイナポイント争奪戦」が発生している。

 先手を打ったのは交通系ICカードの王様Suicaだ。JR東日本の共通ポイントサービスJRE POINTに反映されるマイナポイント(最大5000ポイント)に加え、独自に1000ポイントが発生するキャンペーンを実施する。即ち、最大6000円分のポイントが獲得できる仕組みだ。

 これをよりお得に使う方法はないものか……?

◆7月から予約受付開始のマイナポイントとは?

 マイナポイントについて、もう一度おさらいしよう。これはマイナンバーカードの普及を想定した総務省主導のキャンペーンで、カードキャッシュレス決済サービスを紐付けすることで最大5000円分のポイントが付与される。より端的に書けば、2万円のチャージで5000円がもらえる。

 額面で見たら、これは大型の還元キャンペーンである。7月1日から各銘柄ではマイナポイントの予約受付を開始している。マイナンバーカードの発行までには手間がかかるものの、それさえ済ませればマイキーIDの設定まではあまり苦労なくできるはずだ。

SUICAで申し込めば1000円相当分を加算

 さて、このマイナポイントは事業者にとってはちょっとしたチャンスでもある。既に各銘柄の「取り込み合戦」は始まっている。

 その先陣を切ったのが、冒頭に書いた通りSuicaとJRE POINTだ。

 JR東日本6月30日に公開したプレスリリースによると、「マイナポイントSuicaで貯めよう! キャンペーン」の実施期間は今年7月1日から来年3月31日まで。「Suicaでマイナポイントを申し込んだ方全員に、もれなくJRE POINT1000ポイントプレゼント」と記載されている。

 JRE POINTは1ポイント=1円相当。マイナポイントの最大額を加算すると、合計6000円分だ。

◆「Go Toキャンペーン」と併せて使えば豪華な旅行に…

 この6000円で何ができるか、というのが次の段階である。

 いかんせんSuicaだから、Amazonでの買い物にはあまり適さない(Suicaが決済に使えないという意味ではない)。かといって、毎日の昼食代やらガソリン代やらの日常的な使い道では味気ない。

 ここは「Go Toキャンペーン」と併せて使ってしまうというのはどうだろうか。

 Go Toキャンペーンは、新型コロナウイルスの流行で需要が低迷した観光業などに対して、政府主導で事態収束後の再活性化を目指すというもの。

 国土交通省観光庁が公開している資料によれば、1泊以上の個人旅行、団体旅行問わず半額割引。最大割引額2万円(日帰り旅行の場合は1万円)とある。旅行代理店や予約サイトを経由した場合も同様の割引額。

 ただし、割引相当額の3割程度は地域共通クーポンで支払われる。現金やキャッシュレス決済のポイントではないから、これは旅行中に使ってしまうしかない。

 このクーポンと共にJRE POINTの6000円をパッと散らしてしまう、という手がある。

 国土交通省観光庁の資料には、例として1泊2食付き1人2万円の宿泊に適用される割引額が書かれているが、これによると旅行者に対して3000円分の地域共通クーポンが配布される。

 JRE POINTの6000円を加えれば、総額9000円。しかもこれは1人あたりだ。ホテル代以外に1日で9000円を使う旅行、というのはかなり景気がいいのではないか。にもかかわらず、この9000円は自分の財布を痛めて捻出するものではない。

 マイナポイントは他のキャンペーンと抱き合わせて利用することにより、さらなるレバレッジを利かせることができるようだ。<文/澤田真一>

【澤田真一】
ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

画像は、「JRE POINT」のサイトより