恋愛パートナー探しやアイドルオーディション合宿など、さまざまなお題目のもと一般人が集まり目標に向かう。そんな姿を撮影するリアリティショーは、生々しい感情や人間模様が特徴で、国内外で人気の番組フォーマットだ。海外にて、これを人生シミュレーションゲームでやろうという企画が立ち上がった。

 タイトルElectronic Arts『The Sims 4』で、同作を使ったリアリティ番組「The Sims Spark’d」が、アメリカテレビ局TBSターナー・ブロードキャスティングシステム)で放送されることが決定した。海外メディアVarietyなどが報じている。

(画像は「The Sims Spark’d」公式サイトより)

 番組は全4エピソードで、参加者は12人。なにをテーマにした番組になるかというと、「The Sims Spark’d」ではゲームを使ってすぐれたキャラクターや世界設定、物語を作るのが目標だ。制限時間内に参加者が審査員を唸らせるようなものをSims』で作ることになり、勝者には10万ドルもの賞金が与えられる。

 実際にどういった話になるかは、放送されるまでのお楽しみということで、参加者はいかに審査員を感心させ、感動させるか真剣に考えることになる。トレイラーでは、「死してなお壊れない家族の絆」を描くストーリーに審査員が涙を流すシーンが見られる。

 番組はYouTubeチャンネル「BuzzFeed Multiplayer」にてオンライン上でも視聴可能。地上波での放送後、7月20日7月27日8月3日8月10日にそれぞれのエピソードオンラインバージョンアップロードされる予定だ。

 番組に出演する12人のクリエイターは、それぞれが『The Sims 4』のキャラクター制作や建築、ストーリーの専門家だ。彼らを審査するのは、シンガーソングライターテイラーパーク氏、「BuzzFeed Multiplayer」で『The Sims 4』を使った番組に主演するYouTuberケルシー・インピチェ氏、そして『Sims』シリーズを開発するMaxisのプロデューサーデイブ・マイオテ氏の3人。番組の司会は、アイドルオーディションリアリティ番組「アメリカン・アイドルで有名になったミュージシャンレイボン・オーウェル氏がつとめる。

 ターナースポーツチーフコンテンツオフィサーであるクレイグ・バリー氏はVarietyに対し、「The Sims Spark’d」はeスポーツ番組「ELeague」をゲームライフスタイルと文化の番組にまで広げる」という戦略に適合していると語っている。「The Sims Spark’d」で、eスポーツゲームにあまり興味のない人やカジュアル層、そして『Sims』のファンを引きつけることを目標としているという。

 番組の放送に合わせて、『Sims 4』内でもこの番組をテーマにしたチャレンジSpark’d Challenge Programが始まるという。詳しいルールなどは後日公式サイトにて公開される。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros