スイスチューリッヒ動物園(Zurich Zoo)で現地時間7月4日の午後、シベリアトラが飼育員を襲っているとの連絡が来園者から入った。襲われた飼育員は、動物園関係者や警察による必死の救出もむなしく現場で死亡が確認されたという。『BBC News』『The Sun』などが伝えている。

チューリッヒ動物園で4日の午後1時過ぎ、園内の緊急センターに飼育員がシベリアトラ(別名アムールトラ)に襲われているとの連絡が入り、すぐさま救助に向かった。目撃者によると事故は8~9分間の出来事で、現場には警察車両と救急車も到着したという。警察官らによるペッパースプレーやゴム弾の援護を受け、動物園スタッフらはなんとかトラを別の飼育場に移して襲われた飼育員から引き離し救出することに成功した。だが飼育員は残念ながら現場で死亡が確認された。

襲われた飼育員は55歳の女性でチューリッヒ動物園に長く勤務していたが、それ以上の情報は公開されていない。

チューリッヒ警察の広報担当であるジュディス・ホードルさん(Judith Hoedl)は「迅速な救出ながらも救うには遅すぎ、死亡に至った」と話しており、死亡した飼育員がなぜトラと同じ飼育場にいたのか、どのようにして事故に至ったのかは、警察及び検視官などによって捜査中とのことだ。

飼育員を襲ったメスのシベリアトラ“イリーナ(Irina)”は、2015年デンマークのオーデンセ(Odense)にて誕生。同じ飼育場で暮らすオスのシベリアトラ“サヤン(Sayan)”との喧嘩で絶命したメスのシベリアトラの代わりとして2019年にこの動物園にやってきたという。

動物園のセヴェリン・ドレッセン園長(Severin Dressen)は、今回の事故について「亡くなった飼育員とそのご家族に対し深くお悔やみを申し上げます」と述べたが、一方で「トラは小屋に入ってきた者は自分の縄張りへの侵入者以外何者でもありません。イリーナの反応はあくまで本能的に自然なこととも言えます」とトラの本能的な反応として起こり得ると話している。イリーナは現在、事故現場とは別の飼育場に移されているが、動物園では「イリーナにとくに影響はない」「今回の件でイリーナを安楽死させる予定はない」と表明した。

事故を受けてチューリッヒ動物園は翌日に閉園したが、数日前にロックダウンの解除を受けて営業再開したばかりであった。

なおシベリアトラは『ナショナルジオグラフィック』によると、体長3m(10フィート)以上、体重272kg(600ポンド)以上にもなるネコ科としては最大級の動物という。2017年にはロシアの動物園で、シベリアトラに襲われた飼育員が重傷を負っている。

ちなみにチューリッヒ動物園では昨年12月、ミンドロワニ(Philippine crocodile)が清掃のため飼育場に入ってきた飼育員の手に噛みつき、離さなかったことからワニを射殺していた。

画像は『The Sun 2020年7月5日付「TIGER ATTACK Tiger grabs female keeper, 55, by neck and mauls her to death in front of small child at Zurich zoo」(Credit: EPA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト