コメダ珈琲店を展開するコメダは、植物由来の原材料を使った新業態ブランドKOMEDA is □(コメダイズ)」を7月15日に東銀座にオープンします。

【画像】モーニングセットも植物由来に

 コメダイズは「地球とくつろぐ」をテーマにした、環境負荷の少ないプランベース喫茶店。植物由来ながらも、コメダらしい「美味しさと食べごたえ」にこだわったメニューが展開されます。なお、店名は、メニューで使用されるコメ、ダイズとかけているそうです。

 コメダでおなじみのモーニングサービスでは、パンとつけあわせるバターの代わりに「塗る豆乳クリーム」を提供。

 ダイズミートのパテにオリジナル照り焼きソースを合わせた「べっぴんバーガー アボ照り」や、コメダ初となるお米を使ったメニュー「コメパンケーキ」など、本家同様フードメニューも充実しています。

 また、アルコールメニューも初登場。有機ブドウを使った「ビオワイン」やプランベースビールオリジナルフルーツリキュールを使ったカクテルなどが並びます。

 また、内装もコメダイメージカラーであるオレンジの代わりにグリーンを使用。店内の装飾には古材や廃ガラスを使用し、エコでくつろげる空間を演出します。

緑がベースの「KOMEDA is □」の外観