Photo: ささきたかし

EOS R6も半端ない。

キヤノンがフルサイズミラーレスカメラEOS R5」と「EOS R6」を発表しました。

EOS R5はフルサイズミラーレスの最上位に位置するカメラ。すでに開発発表はされていて、スペックは小出しにオフィシャルからアナウンスされています。価格は約46万円。

EOS R6は初お披露目のフルサイズミラーレスカメラで、EOS R5の下位モデル。価格は約30万5000円

今回登場した2機種はスペックデザインも似通っています。ざっくり分けると、EOS R5は動画も静止画最高画質を求めるクリエイター向け、EOS R6はより使いやすいフルサイズカメラというイメージ

特別に触ることができたので、レポートです。EOS R6は大本命ですよ!

EOS R5とR6のスペック

EOS R5EOS R6センサー約45MフルサイズCMOSセンサー約20MフルサイズCMOSセンサーエンジンDIGIC XDIGIC X高感度性能静止画ISO 51200
動画ISO 25600静止画ISO 102400
動画ISO 25600連写性能電子:約20コマ/秒
メカ:約12コマ/秒電子:約20コマ/秒
メカ:約12コマ/秒手ブレ補正カメラ内5軸手ブレ補正カメラ内5軸手ブレ補正動画8K DCI/UHD 30p
4K DCI/UHD 120p/60p4K UHD 60p
FHD 120pファインダー0.5型 約576万ドット0.5型 約369ドットモニター3.2型 約210ドット3.0型 約162ドットシャッター耐久50万回30万回撮影可能枚数(ファインダー撮影時最大)約700枚約595枚重量(ボディのみ)約650g約598g参考価格(税別)約46万円約30万5000円発売日2020年7月下旬2020年8月下旬

EOS R5はキヤノン初のボディ内手ブレ補正機構が搭載されることがアナウンスされていました。これにはめちゃめちゃ盛り上がりましたが、まさかのEOS R6にもボディ内手ブレ補正がきちゃった! レンズと協調で最大8.0段分の手ブレ補正効果があるとのことで、一気に手ブレ補正戦線のトップクラスにいってしまいました。ちなみにボディ内手ブレ補正はすべてのEF、RFレンズで補正効果があるとのこと。

5ち6の大きな違いでいうと、解像度動画性能です。

EOS R5のセンサーは新開発のCMOSセンサーで、EOS R6はフラッグシップ一眼レフEOS-1D X Mark IIIセンサーベースになっています。R5は事前情報どおり、8K/30pの動画撮影、RAWでの動画記録に対応しています。

ともにデュアルスロット対応で、EOS R5はCFexpressSDカードで、EOS R6はSD×2。EOS R6には8K動画撮影機能がないので、当然といえば当然ですね。

EOS R5とEOS R6のデザイン

Photo: ささきたかし EOS R6

Photo: ささきたかし EOS R6

Photo: ささきたかし EOS R6

Photo: ささきたかし EOS R6

Photo: ささきたかし EOS R6

Photo: ささきたかし EOS R6

デザインEOS R5とEOS R6はほとんど変わりません。

大きな違いでいえば、EOS R5がモードボタン+液晶パネルでEOS R6がモードダイヤルです。あとは端子の位置が少し違う程度。ボタンダイヤルの配置も一緒で、EOS R5のサブ機としてEOS R6を持っても違和感がないように作られています。

メイン電子ダイヤルが1つにサブ電子ダイヤルは2つ。RFレンズには、レンズ自体にもコントロールリングが付いているので、これあわせたら4つのダイヤルがあることになります。何を割り当てたかわからなくなりそうですね。マルチファンクションバーは…、なくなりマルチコントローラになりました。

ちなみにEOS R5とEOS R6ともに電源OFF時にシャッター幕の開閉が選択できます。ホコリにおびえながら、レンズ交換しなくてよいのは嬉しい。

Photo: ささきたかし EOS R5

Photo: ささきたかし EOS R5

Photo: ささきたかし EOS R5

Photo: ささきたかし EOS R5

Photo: ささきたかし EOS R5

EOS R5とEOS R6を触った感じ

Photo: ささきたかし

2つを持って一番最初に感じたのは想像以上の軽さ

EOS R5とR6ともに、スペックだけ見ると相当重くなっただろうと思いきや、かなり軽いです。数値で見ても、EOS R5が約650gEOS R6が約598gEOS Rが580gなので、かなり軽量化を頑張ってきた感じあります。デュアルスロットにしたり、電子ダイヤルを増やしてますし。

EOS R5とEOS R6も数値上の差はありますが、比べてみてもあまり重さに違いは感じなかったです。

EOS R5は外装と本体ともにマグネシウム合金で、EOS R6は外装がポリカーボネート(本体はマグネシウム合金)なので、R5のほうが高そうな質感です。

Photo: ささきたかし

もう一つが電子ビューファインダー(EVF)の進化。

光学ファインダーと見比べてもほとんど違和感がないクオリティでした。EOS R5は、EVFの解像度が約576万ドットにあがったことに加え、表示フレームレートが119.88fpsEOS Rから倍になっています。EOS R6は解像度が約369ドットEOS Rと変わらないものの、同じく表示フレームレートは119.88fpsに。どちらともに意識しないとEVFを使っている感覚がなかったです。

そしてミラーレスを使っていてイライラしがちなEVFと背面モニターの切り替えが早くなりました。EOS Rは切り替えがちょっと遅い印象があったから、これも光学ファインダーと比べたときに違和感がなくなった理由かも。

gif: カイル

あとはAFの性能はかなり上がってそう。

ちょっと見にくいですが、画面の隅でも後ろを向いても、顔検出から頭部検出に切り替わるところでも、ずっとAFが追いかけ続けているんです。ソニーのαシリーズと比べても遜色ないですね。

8段手ブレ補正がどんなものか試してみたかったのですが、今回はできず。シャッタースピード1秒で手ブレしない余裕とかだったら世界変わりますね。

短い時間だったので、ほんのインプレッションという感じでした。

EOS R5とEOS R6の動画性能について、ギズモードの動画担当に聞いてみた

Photo: ささきたかし

EOS R5とEOS R6の動画性能について、ギズモードYouTubeの動画撮影、編集を担当しているカイルに話を聞いてみました。まずはEOS R5について。

EOS R5は、ミラーレスカメラで8K RAWで撮れるのはすごい! ボディ内手ブレ補正もついてて、次の次元のカメラだと思った。けど、外付けSSDへの記録はできないから、CFexpressに記録するしかない。RAWで撮る場合8Kにするしかなく、CFexpressに記録するとなると、記録時間も短いから正直8Kの動画撮影は使いにくいと思う。CFexpressはまだまだ高いし。

そしてEOS R6について。

EOS R6はRAWで撮らないならあり。というか欲しい! クロップなしの4K/60pが撮れるから、普段の動画撮影は十分。手ブレ補正入っているし、スローモーションを撮るのも60pあればいい。多くのひとにとってEOS R6は動画機としてありなんじゃないかな。

本人のテンションEOS R6に軍配って感じでした。

地味だけど刺さったところ1:LP-E6Nユーザーに朗報

Photo: ささきたかし

EOS R5とR6から、新バッテリーLP-E6NH」になりました。新しくなったといっても、EOS RやEOS 5D Mark IV、EOS 6D Mark IIで使われているLP-E6Nと形状は変わらず、容量が1865mAhから2130mAhアップしました。

LP-E6Nが使えるキヤノンの古い機種でも使えるようで、互換性をもたせたままアップデートしてくれるのは嬉しいところ。LP-E6Nはいっぱい持ってる!ってひともEOS R5やR6でそれをいかせるのはありがたいですよね。レンズだけじゃなくてバッテリーも大事な資産です。

ちなみに新しいバッテリーには表面にホログラムステッカーが貼ってあります。カードダス世代からするとキラキラシールって特別な思いあります。

地味だけど刺さったところ2:安いレンズが3本でました

EOS R5とR6と同時に安いレンズが3本も出ました。

Image: キヤノン

1本目は、中望遠レンズRF85mm F2 MACRO IS STM」。最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロです。価格が7万6000円(税別)とかなり手が届きやすいレンズで、ポートレートの撮影が多い人などは使い勝手がよさそうです。使ってみた感じ最初の1本は35mmや50mmでもなく85mmでもいいんじゃないかって思えるくらい描写力高めで、重さも約500gと持ち運びもしやすそうでした。発売は10月下旬の予定。

Photo: ささきたかし 写真左:RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM、写真中:RF600mm F11 IS STM、写真右:RF800mm F11 IS STM

あと2本は「RF600mm F11 IS STM」と「RF800mm F11 IS STM」の超望遠レンズ

なんといってもコスパが良くて、600mmは参考価格で8万8000円、800mmは11万3000円とめちゃめちゃ手にとりやすい。600mmで10万円切りですよ。

Photo: ささきたかし

しかも600mmが約930gで、800mmが約1260g。これ1本もって山登りしちゃおうかな!って意気込めるくらいに軽いです。F11固定なのでどんなシチュエーションでも撮れるレンズではないですが、日中のアウトドアでの利用シーンが多いなら大アリですね。ともに7月下旬発売予定です。

Photo: ささきたかし

キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラEOS Rが発表されたのが、2018年の9月。そこからたったの2年足らずでここまでの進化って…。

いま思えば、EOS Rがキヤノンのジャブだったのだなと思うんです。今回のEOS R5とEOS R6がキヤノン渾身のストレートって感じで、ミラーレス市場がゆっさゆっさ揺れそうです。