ヒクイドリの召喚魔法

 オーストラリアに生息するエミュー非公式な国鳥という微妙なポジションにある二足歩行の「飛べない鳥」の一種である。

 飛べない鳥一族において、見た目はダチョウに似ているがダチョウほど大きくはなく、ヒクイドリ科ではあるものの、ヒクイドリほどの体重はない。毛色も地味なので、常にナンバー2的な存在ではあるものの、人間になついたりするので、かわいらしいところもあるのである。

 そんな中、裏庭で火を焚いていたところエミューが集まってきて、何やら儀式めいた動きをしていたようで、Twitterで話題となっていた。

―あわせて読みたい―

エミューとダチョウのイタチボールの遊び方が際立ってる。
こんなギャグみたいな技が通用するとは!エミューをおびきよせる方法
かわいさのサンドイッチ。赤ちゃんカンガルーに寄り添う2羽の赤ちゃんエミューセットに心きゅんきゅん。
ダチョウ参戦!サイクリストをロックオンしたダチョウ、ひたすら後ろから追いかけて煽る煽る
エミューの犬化。犬と一緒に育ったエミューの子、自分を犬だと思っているふしがある。

 本能的に動物は火を怖がると言われているが、エミューたちは炎に興味をしめしたようで、「なんだ?なんだなんだ?」と火の近くに集まってきた。

1

 そのうちの何羽かが何やら怪しい動きをしているではないか。

 一列に並んで炎を見守っているあたり、何かを召喚させているのかもしれないとして、Twitterでは盛り上がりを見せていたようだ。

3

 炎の中からドラゴンが召喚されてくる的なアレなのかな?常にナンバー2のポジションエミューがそろそろ反逆ののろしをあげるのかな?

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52291853.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

カラスのヒナの救助をしようとしたら…カラスのママがアタックしてきたわけよ
白馬を宿した馬!?体に馬の模様がある美しい野生馬が救出される(アメリカ)
卒業を目前に突然の死。介助犬が亡くなった飼い主の代わりに卒業式に出席する(アメリカ)
何かを召喚する気か?炎を目の前にしたエミューたちが儀式めいた動きを繰り広げていた件(オーストラリア)
犬と猫の背中の語る哀愁。外出制限解除の後、いつも一緒にいた飼い主が会社に行ってしまったときの犬と猫の反応が切なすぎる

―動画の紹介記事―

クトゥルフ感が凄い。オウムガイの触手にズームイン!
カラスのヒナの救助をしようとしたら…カラスのママがアタックしてきたわけよ
メキシコの水中洞窟で1万2000年前の鉱山が発見される(ユカタン半島)
卒業を目前に突然の死。介助犬が亡くなった飼い主の代わりに卒業式に出席する(アメリカ)
何かを召喚する気か?炎を目の前にしたエミューたちが儀式めいた動きを繰り広げていた件(オーストラリア)
何かを召喚する気か?炎を目の前にしたエミューたちが儀式めいた動きを繰り広げていた件(オーストラリア)