たくさんの種類があるお菓子系のおつまみ。味の系統に分けてご紹介します。


■お酒に合うおすすめのおつまみお菓子7選!塩系編

【詳細】他の写真はこちら


出典:photoAC

塩系のおつまみビールなどのお酒に合い、ついついお酒におつまみにと手が伸びてしまうおいしさがあります。また種類も豊富で、その日の気分に合った味や食感を楽しむことも!
ひいろいろな商品を試して、今よりもさらに楽しんでお酒を飲んじゃいましょう♡


ついついお酒がすすんでしまう塩系のおつまみお菓子7選をご紹介していきます!




スナック菓子の定番ポテトチップス原材料にこだわった商品も

出典:photoAC

人数が多いときでもみんなでシェアして食べられるので、ポテトチップスおつまみにぴったりです。味の種類も塩味からバター風味のものまでさまざまで、お酒の種類に合わせて味を変えれば、いつもとは違うひとときを楽しめそうです。
味の種類が多いポテトチップスですが、中には低カロリーなものやオーガニックにこだわったものもあり、その日の気分に合わせていろいろな商品を試してみてもいいかも。
最近ではご当地限定の商品も発売されているので、その場の話題作りにもなり盛り上がること間違いなしです。



・カリッとした食感とビールが欲しくなる塩味がたまらないクラッツ

出典:@applestar777さん

クラッツは『江崎グリコ』が製造、販売をしているスナック菓子で、ビールとの相性が良いおつまみスナックランキングでも上位に入る商品です。
ビールが欲しくなるような塩味が特徴で、中に入っているアーモンドの香ばしさが味のアクセントに。また味の種類も豊富で、ペッパーベーコンスパイシーチキン、枝豆などと幅広く飽きずに食べられるのも魅力のひとつです。



・えびの香りとほどよい塩味が絶品のえびせん

出典:photoAC

えびの香りが口いっぱいに広がると同時に、絶妙な塩味を味わえるえびせんはビールハイボールなどに合います。
パリパリの食感で食べごたえがあり、上品なえびの香りを楽しむことができるものもあるので、おつまみだけではなくお客さまへのお茶うけとして出すこともできます。プレゼントとして贈っても喜ばれること間違いなしです。



・辛味と醤油味の絶妙なバランスが魅力の柿の種

出典:photoAC

おつまみの定番といっていいほど、お酒のお供として愛されている柿の種唐辛子の辛味をきかせた醤油味が特徴で、ピーナッツと組み合わせた商品も人気です。
そのまま食べてもおいしい柿の種ですが、少しアレンジを加えると、お酒のシメの一品に大変身しちゃうんです。ここではそのアレンジレシピをご紹介しますね。

<材料>
ご飯 1合
柿の種おつまみ 1袋(小袋)
梅干し 1個(お好みの具でOK)
ごま油 少々
塩 少々

<作り方>
(1)柿の種1袋を袋のまま手で叩いて粉々にする。
(2)炊きたてのご飯に(1)を入れて混ぜる。
(3)手に塩をつけ、(2)の中に梅干しを入れて握る。
(4)ごま油を手に広げ、もう一度握る。

簡単なアレンジでシメの一品にもなりますよ。ぜひ作ってみてくださいね



リーズナブルなお値段でおつまみを楽しめるうまい棒

出典:photoAC

駄菓子の中でも人気がある、『やおきん』のうまい棒はお酒にもぴったり。なんといっても、リーズナブルな値段と約20種類の豊富な味が魅力です。
めんたい味や牛タン塩味などのおかず系の味から、チョコレートシュガーラスクなどの砂糖系の味まで幅広く、飽きずに楽しく食べられます。また、パッケージのかわいさも魅力のひとつで、たくさんの味の中から選ぶときはワクワクしますよね。



・噛めば噛むほど味が出ておつまみにピッタリな鮭とば

出典:photoAC

鮭とばとは、秋鮭を半身におろして皮つきのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干したもので、北海道東北地方などで冬の風物詩として知られている干物です。
塩味が強く、スルメのような硬い歯ごたえが特徴でお酒にも合います♡そのままで硬さを楽しむこともできますし、細かくカットして炙ってみると柔らかな歯ごたえになり、いろいろな食べ方で味を楽しむことができるおつまみなのです。
また、鮭とばは高タンパク低カロリー。鮭の成分でもあるコラーゲンが多く含まれているので、女性やダイエット中の人でも安心して食べられるおつまみです。



・人気のいか系燻製は、日本酒にもビールにもぴったりなおつまみ

出典:@kuritatsu_official_instaさん

いろいろな種類のお酒にマッチするいかの燻製は、歯ごたえがあり噛めば噛むほど深みの味になるのが特徴で、幅広い年齢の人から支持があります。
ヘルシーで低カロリーなものも多いので、ダイエット中の人にはおすすめのおつまみ。また多くのメーカーから発売されていて、それぞれ形や味、噛みごたえが違うので、比較しながら食べると楽しくお酒も飲めそうですね。
『栗辰』は築地場内市場の仲卸として60年余り、鮭・魚卵を中心に魚類を扱ってきた老舗で、現在は東京の豊洲市場と築地魚河岸の2店舗で営業しています。
新鮮な魚や加工品をお買い得に購入でき、販売されているおつまみお菓子も本格的な味わいです。豊洲や築地魚河岸に遊びに行ったときは、ぜひ足を運んでみてくださいね。(状況により写真の商品がない場合があります。)

■お酒に合う、おすすめのおつまみお菓子4選!甘い・甘じょっぱい系編

出典:photoAC

ビールなどの炭酸系以外にも、ワイン日本酒にもマッチする甘い系のおつまみお菓子。甘味はぎゅっと凝り固まった心を緩ませ、リラックスさせる効果があります。
ゆったりとお酒を飲みながら甘いおつまみを食べれば、気分もリフレッシュできそうですね。


甘いお菓子系のおつまみ4選をご紹介します。




・美容にも効果あり!カリッとした食感が楽しめるアーモンドロース

出典:photoAC

おやつアーモンドを食べている人も多いと思いますが、お酒のおつまみにも相性抜群!カリッとした食感が魅力で、種類を問わずいろいろなお酒に合うのも魅力のひとつです。
またアーモンドビタミンEが豊富で、老化やガン、生活習慣病の予防に効果があるといわれ、近年注目されています。日頃、健康に気をつけている人にはピッタリなおつまみですね。



・塩味と甘味のコンビネーションがたまらないチョコがけポテトチップス

出典:photoAC

塩味と甘味のどっちも楽しみたいという人には、チョコがけポテトチップスがおすすめ。チョコの甘い味わいと塩気のあるポテトチップスの絶妙なバランスが、さらにお酒をすすませます。
チョコが苦手な人でもポテトチップスと同時に味わうことで、味も食感もガラリと変わるので食べやすくなりますよ。



北海道クリームの砂糖蜜とパリパリのせんべいがクセになる雪の宿

出典:photoAC

雪の宿は、砂糖蜜のマイルドな甘さとせんべいの塩味が絶妙なハーモニーとなって口の中で溶け出す、『三幸製菓』のロングセラー商品です。甘味と塩味の両方を楽しめるので、お酒の種類を問わずおいしく味わうことができます。
洋風なお菓子は苦手という人やせんべいなどのパリッとした食感が好きな人におすすめ。甘いお菓子が好きだけど、おつまみせんべいに挑戦したことがない人はぜひ試してみてください!



・森永のラムネ二日酔いに効果的!駄菓子もお酒のお供に

出典:photoAC

飲酒後は、アルコールを分解しようと体の中でブドウ糖が消費されます。すると、ブドウ糖が不足し、二日酔いや頭痛の原因となる低血糖の状態になってしまうのです。
飲んだ後に、ラーメンお茶漬けなどの炭水化物を食べたくなるのも、糖分の不足が原因!
森永製菓』のラムネ菓子は原材料ブドウ糖が多く含まれており、直接ブドウ糖を摂取することで低血糖を防ぎ、二日酔いになりにくい効果があります。
価格もリーズナブルで、コンビニスーパーでも販売されているので手に入れやすいのもおすすめポイント
また、お酒を飲んでいるときにお口直しで水飴を舐めるのも◎。一定の時間、飴を舐めることで満腹感を感じやすくなり、食べ過ぎ、飲み過ぎの予防にもなりますよ。

■宅飲みにぴったりのおすすめのおつまみお菓子2選!シェア系編

出典:photoAC

時間を気にせずリラックスして飲める宅飲みは、ひとり飲みでも家族や友人とでも楽しい時間を過ごせますよね。宅飲みにぴったりな楽しく盛り上がれる、お菓子系のおつまみをご紹介しちゃいます。



・見た目もかわいくサイズ感がちょうどいいブルボンプチシリーズ

一口サイズで見た目もかわいく、味の種類も豊富な『ブルボン』のプチシリーズは宅飲みにぴったり。大人数のときは、いろいろな種類をみんなで食べ比べすれば盛り上がること間違いなし♡1袋が食べきりサイズでちょうどいいので、ひとり飲みのときもおいしく食べられそうですね。



思い出話のきっかけに!駄菓子の詰め合わせセット

出典:photoAC

食べると懐かしい気分にさせてくれる駄菓子は、甘い味から塩味のものまで種類もさまざま。あたりくじがついている商品もあるので、ドキドキしながら食べる楽しみもありますよ。
子どもの頃に食べていた駄菓子を、お酒といっしょに食べると感慨深い気持ちになりそう。好きな駄菓子を詰め合わせて家族や友人同士で交換しあえば、場も盛り上がりますね!


■手に入れやすいお菓子おつまみで、楽しく飲もう!

出典:photoAC

お菓子系のおつまみは、多くのスーパーコンビニなどで販売されているので気軽に購入することができます。いつも食べているおつまみに飽きた人やいろいろな種類のおつまみに挑戦したい人は、一度試してみてはいかがですか?
おいしくお財布にも優しいお菓子おつまみで、至福の時間を楽しみましょう!
(mamagirl
掲載:M-ON! Press