アメリカザリガニが水面からザバッと顔を出す――その瞬間を生き生きと表現したジオラマに感嘆の声が上がっています。水しぶきや波紋がリアルで躍動感が半端ない。

【その他の画像】

 モデラーの“にご”さんが、カプセルトイのザリガニベースに、1~2週間で作り上げたという作品。こだわりのポイント透明感で、止まっている水から動きのある水にまで、いかにして表現するか試行錯誤していると、ねとらぼの取材に答えました。

 苦心のかいあって、作品は「クリアすぎて水を感じる」「リアルの一部をそのまま切り取ったよう」と大好評。にごさんはほかにも、多くの水中ジオラマを手がけており、特にアマガエルとサンショウウオがお気に入りだそうです。

川の一部を固めて持ってきたのか!? ってくらい臨場感たっぷり