Image: Shutterstock

映画も遠隔で一緒にウォッチ

映画館が少しずつ開き始めていますが、まだまだ行くのは気が引ける...でも誰かと一緒に映画を見たい! テクノロジーのおかげで、一緒にいなくても一緒に映画を見られる方法、結構あるんです。実はこのStayHomeで出てきた機能ではなく、もう4年以上も前からこういう機能はできていました。今こそ、使う時じゃないですかね?ではいくつか紹介していきます。

Netflix Party (Netflix)

2016年に登場したChromeの拡張機能「Netflix Party」。Netflixを同時視聴できます

一緒に見る相手にも拡張機能をインストールしてもらい、映画を再生して「NP」のボタンクリック。するとURLがもらえるので、それを相手にシェアするだけ。相手はグループでもOK。

自分たち専用のチャットルームもるので、そこで映画を見ながらライブチャットできます。一緒に見ている人なら、誰でも巻き戻しなどができるようになっています。

Twitch ウォッチパーティー (Amazon Prime Video)

Amazonプライム・ビデオは「Watch Parties」という公式の同時視聴機能を出しています。Twitch上でプライム・ビデオを複数の人と同時に見ることができます。

まずはTwitch Studioインストールして配信ホストになります。そしてホストしている動画や映画に他の人がジョインして一緒に見られるという流れです。視聴者Amazonプライム・ビデオサブスクをしていることが条件となります。あとプライムビデオにあるすべてのドラマや映画がWatch Partiesで見られるわけではないので、ご注意を。

Hulu Watch Party (Hulu)

こちら今のところHuluのみの機能ですが、Huluにも「Watch Party」機能があります。URLゲットしたら一緒に見たい人にシェア。8人同時に見ることができます。チャット機能もあるので、映画を見ながらメッセージも可能です。日本にも早いところ来て欲しいですね。

Scener (Netflix and HBO)

Scenerシーナー)はバーチャル映画館と言った感じでこちらもChromeの拡張機能です。

Netflixの他にもHBOも見ることができます。映画館と表現した理由は、なんと50人まで参加できちゃうからです。ちょっとした映画館ですよね? そしてチャットメッセージ機能もあります。視聴者全員が見る映画サービスアカウントNetflixかHBOですね)を持っていることが条件となります。

Kast (various)

Kastキャスト)はどちらかといえば画面共有ツールのような感じなので、どんなサービスでも使えてしまうのがよい点です。パソコンスクリーンストリームできるものであればなんでも、他の人を招待して一緒に見ることができます。スマホタブレット用のアプリもあります。

有料会員になると画質がさらに良いものになったり、広告が出なかったり、画面シェアと同時にウェブカメラも使えるようになるので一緒に見ている人に自分のリアクションを見せることもできます。

TwoSeven (various)

こちらChromeFirefoxの拡張機能で、ニックネームEメールアドレスで招待、またはURLシェアと言う形で一緒に見られます。ストリーミングサービスを見る場合は、見る人みんながアカウントサインインしていなくてはいけません。ブラウザを通してどんなものでも他の人と画面を共有できるという点ではKastと似た感じです。ウェブカメラも使えるので、みんなの顔を見ることも可能。

Metastream

MetastreamNetflixHuluYouTubeが一緒に見られるサービス。こちらもChromeFirefoxの拡張機能です。何人でも参加できますし、「公開」設定にすると知らない人まで参加できてしまうのでご注意を。

Zoom (various)

ここでも出ましたZoomです。画面共有にすればビデオや映画一緒に見ることができますね、確かに。会議やオンライン飲み会だけじゃなくてこういう使い方もありですね。あ、でも無料会員だと40分で一回切れちゃいますね