日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」が「夏はアニメーションを満喫しよう! 夏アニ2020」と題し、7月31日から5週連続でアニメ映画を放送することがわかった。京都アニメーションの「映画 聲の形」がトップバッターを務め、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」がノーカット地上波初放送。そして「となりのトトロ」「コクリコ坂から」「借りぐらしのアリエッティ」というジブリ作品が顔を揃える。

「映画 聲の形」は、コミュニケーションが苦手な少年と、耳が不自由な少女の切なくて美しい青春ストーリー。第40回日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品賞に輝き、アヌシー国際アニメーション映画祭など海外でも注目を浴びた。続く8月7日の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、岩井俊二監督の名作ドラマが原作。新房昭之監督(「魔法少女まどか☆マギカ」)、大根仁(「バクマン。」)、川村元気(「天気の子」)ら日本を代表するクリエイターが集結し、時をかける少年と少女の不思議な夏の体験を描く。広瀬すず菅田将暉ら豪華キャストが声優を務めた。

そして8月14日からは、ジブリ作品を3週連続放送。サツキとメイの姉妹と森にすむ不思議な生き物トトロの交流を描いた「となりのトトロ」に始まり、東京オリンピック開催を目前に控える1963年を舞台にした「コクリコ坂から」、床の下に住む小人の少女と少年が出会う「借りぐらしのアリエッティ」と続く。どこか懐かしい日本を舞台に、少年少女のひと夏の物語を紡ぐ作品ラインナップとなった。

「映画 聲の形」は7月31日、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は8月7日地上波初放送、ノーカット)に「金曜ロードSHOW!」で放送。8月14日からは「となりのトトロ」(ノーカット)、「コクリコ坂から」(本編ノーカット)、「借りぐらしのアリエッティ」(ノーカット)が3週連続で放送される。なお、本日7月10日は「オーシャンズ8」、同月17日は「映画公開記念!!今日から俺は!!スペシャル」、同月24日は「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(本編ノーカット)をラインナップ。放送開始時間は、いずれも午後9時となっている。

「金曜ロードSHOW!」の夏はアニメ祭! (C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会