写真:くま川鉄道Facebookより

令和2年7月豪雨で被災したくま川鉄道熊本県)がHP上で寄付受付先を公表した。現金書留または銀行振込で受け付ける。

商品の購入については「大変ありがたいのですが、配送機関が被災しており、また弊社での対応ができない状況にあるため、ご寄付での支援を頂ければありがたく存じます。」とのこと。現地での鉄印帳の販売も当分の間見合わせ「くま鉄オンラインショップYahoo!店」で注文を受け付けるとしているが、7月10日21時30分時点ですでに在庫切れとなっていた。

同社がFacebookで公開した被災状況によれば、球磨川第4橋梁は流出、川村駅の手前あたりより球磨川第4橋梁を過ぎた約1kmほどのエリアが大きな被害を受けた。

また水戸岡鋭治デザインによる「田園シンフォニー」は5車両全てエンジン部分まで浸水。駅の裏山からの土砂が駅構内へ流入、本社も床上まで浸水した。

幸いにも社員は全員無事ではあるものの、「家が浸水し住めなくなった者もおります」(同Facebook)と厳しい状況であることに変わりはない。

鉄道チャンネル編集部