2020年7月の東京都知事選挙では、地上波テレビ番組での公開討論が行われなかったことに、一部の候補者らが不満を漏らしている。

なぜテレビ討論を行わなかったか。J-CASTニュースは各局に対し取材を申し入れた。

「1局もやらないってことに何かしらの意思を感じる」と山本氏持論

これまでの都知事選では、14年2月の「報道ステーション」(テレビ朝日系)や、16年7月の「みんなのニュース」(フジテレビ系)など、候補者が出演してのテレビ討論会がみられた。一方で、今回はオンラインでの公開討論が行われたものの、地上波では行われなかった。

この状況について、6月25日には宇都宮健児氏(元日本弁護士連合会会長)を候補者として支援していた立憲民主党長妻昭衆院議員が「テレビ討論会が無いのは異常です。これまでの都知事選挙の例からしてもあり得ないことです。各テレビ局に申し入れをしました」とツイートするなど、疑問の声が一部で上がっていた。

7月5日夜、開票後の会見でも、山本太郎氏(れいわ新選組代表)は当選した小池百合子氏と自身を比較して、メディアへの露出の差が大きな差を生んだとした上で、「前回選挙では各局やってましたけども、今回は1局もやらないってところに何かしらの意思を感じると言いますか...」とコメント

また、宇都宮氏は、都政の問題といった争点を有権者に伝えるにあたりテレビ討論が最も有効な手段だとし、「これが一回も行われなかったというのは大変残念に思っております」と語っていた。

各局はどう答えた?

J-CASTニュースNHKおよび在京キー局、そしてTOKYO MX東京メトロポリタンテレビジョン)に「なぜテレビ討論を行わなかったか。またテレビ討論企画の構想があったとしたら、候補者に出演依頼などは出していたか」と6日に質問した。

NHK広報局は「今回の東京都知事選挙で、テレビ討論を実施・放送しておりません。前回の東京都知事選挙においても、同様の対応をしています。NHKは、放送法に則り、報道機関として自主的な編集判断に基づいて、選挙報道を実施しています」と、前回でも放送していないとした。

キー局では、番組制作については回答していないとの返答が多い。フジテレビジョンの広報宣伝室は「番組制作の過程についてはお答えしておりません」とし、TBSテレビ広報部も「番組の編集過程については、従来よりお答えしておりません」と回答。

テレビ朝日の広報部の担当者は「ニュースをどのような形で伝えるかは状況などをみながら各番組がその都度判断しています。番組制作の過程につきましては従来お答えしていません」とした。日本テレビ放送網にも6日に同様の質問を行ったが、10日現在返答はない。

テレビ東京の広報部の担当者は「テレビ東京では討論等の企画は一切検討していない」と回答。TOKYO MXの担当者は「討論会に関しては当初より計画していなかった」とした上で、「なぜというのはお答えするのが難しいところですが、今回は政見放送の幹事社として対応させていただいた」とコメントした。

画像はイメージ