昨年、“史上最年長”で初タイトルを獲得した47歳の木村一基王位。対するは“史上最年少”タイトル挑戦の記録を塗り替えた17歳藤井聡太七段。対照的と言われる2人の棋歴。7月1・2日に愛知県豊橋市で行われた王位戦七番勝負第1局。そのウラのストーリーを“教授”勝又清和七段がレポートする。(全2回の1回目/#2を読む

◆◆◆

 タイトル戦で木村一基が上座に着く。駒箱を開ける。王将を持つ。ファンが長いあいだ待ち望んだ光景だ。

 ABEMAテレビに力強く飛車先をつく木村の手付きが映った。木村さん、気合が入っているなとおもいつつ家を出た。

 豊橋行きの新幹線に乗り、うたた寝をしながら神奈川県鶴巻温泉の陣屋での出来事が次々と頭に浮かんでいた。私は陣屋でたくさんの喜びと悲しみを見てきた。しかし木村に関するドラマはほとんどが悲劇だった。

 たったひとつを除いては――。

4年前の「新宿行って終電なくなるまで飲んじゃったよ」

 2016年9月27日、木村の6回目のタイトル挑戦が終わった。羽生善治王位に挑んだ王位戦7番勝負に3勝4敗で敗れたのだ。勝てばタイトル獲得の一番を負けるのはこれが8回目。控室には木村から3連敗から4連勝で王位の逆転防衛(2009年)を果たした深浦康市九段がいた。木村がタイトルを取ったら「おめでとう」を言うつもりだったが、その機会はなかった。

 打ち上げからかなり時間が経ったころ、木村に話しかけられた。

「これが最後のチャンスだと思っていたんですよ」。私は返す言葉がなかった。この年、28歳の佐藤天彦九段が羽生を破って新名人となっていた。佐藤と同じ世代の棋士が台頭し、世代交代が始まろうとしていた。 後日木村と話すと、「あの後、栄ちゃん(飯島栄治七段)と松尾くん(松尾歩八段)と新宿行って終電なくなるまで飲んじゃったよ」と笑いながら語った。

 後に「自分の中で、ある部分が終わったと思いました。もう一度、もう一度と挑戦してきたのが、今度こそ本当にダメになったんだと」と綴っている(『受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基』)。

1年前の「えっ、師匠に挨拶しないで帰るの?」

 2019年9月10日、木村は挑戦者決定戦で羽生を破り、4度王位戦の舞台に帰ってきた。

 陣屋の解説会では、木村ファンが大勢集まり、史上最高210人の入場者を記録した。

 大盤解説の佐々木勇気七段があまりの熱気にバテバテになっていた。これは助けてやらねば。こういうときには検討に来た若手棋士がリリーフするのが陣屋の定跡だ。控室には木村の弟子の高野智史五段がいた。彼は真剣な眼差しで盤面を凝視していた。「解説会には……でないよね?」。高野は「はい」とうなずくと再び盤面を見つめた。弟子も戦っている。

 仕方ない、私では力不足だが弟弟子を休ませよう。勇気くん、ケーキを食べすぎるなよ?

 将棋は木村らしい金上がりでペースを掴んだ。金銀の密着度ではなく玉の広さで勝負し、金は積極的に前を向くのが現代将棋だが、これは木村の駒さばきそのものだ。AIによって「時代が木村に追いついた」のだ。優位になった木村が落ち着いた指し回しで豊島将之王位に快勝した。

 終わった瞬間高野は席を立った。「えっ、師匠に挨拶しないで帰るの?」と聞くと、「ええ帰ります」とキッパリと答えて陣屋を後にした。 

 打ち上げで木村に酒をつぎながら「高野くんが検討に来ていたんですよ。だけど終わったらすぐ帰っちゃってね」と言うと「来てたんだ……」とつぶやいて無言になった。彼なりの師匠への気遣いなのはわかっていた。しばらくして「師匠に一言くらい挨拶あってもいいけどねえ」と笑いながら私に酒をついだ。木村はどんな辛いときでも打ち上げでは笑顔を絶やさないが、陣屋でこんなにこやかな笑顔を見るのは初めてだ。

大声で泣きながら勝った小学3年生

 下座に座る藤井聡太はあの時と全く違って涼しげだ。

 2012年1月、小学生大会を見に行ったときのことだ。突然会場に大きな泣き声が響いた。小学3年生の部の準決勝で負けた子が泣きだしたのだ。その子は泣き止まないまま3位決定戦を指し、そして泣きながら勝った。負けて泣くのは珍しくないが、泣きながら勝つとは面白い子だな。後にドラの穴教室で子どもたちを指導する小島一宏さんに、「あの子は前年の小学生倉敷王将戦低学年の部で優勝した愛知の少年だ」と教えられたが、彼が日本中の話題を独占することになるとはこのときは夢にも思わなかった(たしか高見泰地七段が審判、佐々木勇気が指導でその場に居たはずだ)。

 2020年6月4日棋聖戦挑戦者決定戦、対するは永瀬拓矢二冠。私は観戦記者として盤側にいた。

 終盤、藤井がおかしな手を指した。ところが藤井は平然としていて表情に変化はない。永瀬も私も異変に気が付かない。最後に永瀬がミスをして、最年少挑戦者が誕生する。局後その手について聞くと、

「いやあ見落としです。びっくりしました」と頭をかいて藤井は屈託なく笑った。おいおいあのとき泣きじゃくった子と同一人物か?

攻めさせる木村、意表をつく藤井

 彼が2日制のタイトル戦の挑戦者として下座に座っている。あのとき泣いていた小学生が。

 振り駒で藤井が先手になり、戦型は角換わり腰掛け銀に。下段飛車に二段金という藤井得意の形に組む。藤井が先手で4八金―2九飛にしたときの勝率は28勝2敗という驚異的な勝率を誇る。負けた1局は2019年1月のC級1組順位戦での近藤誠也七段戦で、その負け星が響いて9勝1敗ながら頭ハネを食った。もう1局は竜王戦本戦トーナメントの豊島竜王・名人戦で、勝った豊島がそのまま挑戦者となり広瀬章人八段から竜王を奪った(※7月9日棋聖戦第3局で藤井は渡辺明棋聖に敗れ、4八金―2九飛での3敗目を喫する)。

 後手は争点を作らず待機するのが主流だが、木村は攻めさせる作戦に出た。6月2日、藤井が佐藤天彦九段と棋聖戦準決勝を戦った同じ部屋で、史上最年少タイトルホルダーの記録を持つ屋敷伸之九段が松尾相手にこの作戦で勝っている。木村はその将棋をモチーフにして採用したのだろう。

 だが藤井は前例のない攻めを見せて逆に木村の意表をついた。

「お母様と相談して若者にふさわしい色をということで」

 王位戦第1局2日目。3日前の棋聖戦第2局では藤井は濃紺の着物に黒の羽織だった。これは師匠の杉本昌隆八段が藤井に贈ったもので、公式戦では昨年のJT日本シリーズのときも着ている。

 本局では白の着物に薄灰色の羽織で、さわやかライトカラーが若者らしくてとても似合っていると控室で評判になった。

 白瀧呉服店の5代目当主、白瀧佐太郎さんが着付けのためにいらしていたので話を聞いた。

「はい、今回の着物は棋聖戦で挑戦者に決まった後、わたくしどもで仕立てさせていただきました。藤井さんはファッションには無頓着だったので、実際にはお母様と相談して若者にふさわしい色をということで。着物で対局する練習をしたのですが、藤井さんはとても飲み込みが早かったですよ」

「藤井さんは自然に着こなしていて無理がないですよね」

 立会人の谷川浩司九段と副立ち会いの山﨑隆之八段にも話を聞く。

――谷川先生の最初の名人戦1983年)のときはどうでしたか? あのときも年の差がありましたよね。着物はどうしてましたか。

谷川「加藤一二三名人が当時43歳で、私が21歳ですから年の差22歳でした。私は名人戦の前に対局で着物は着る機会がありましたし、準備もしていましたので名人戦では全局1人で着物を着ました。藤井さんは自然に着こなしていて無理がないですよね」

山﨑「着物で対局するのは大変で、私が番勝負で和服を着たとき(2004年の朝日オープン決勝3番勝負で羽生と対戦)には着物に着られているという感じでしたが。藤井くんは着こなすのがうまいですよね」

 山﨑は奨励会幹事として藤井を見ているので、奨励会時代についても振り返ってもらおう。

「今誰が強い?って聞いたら、全員藤井だと答えられてびっくりした」

山﨑 「彼は中学1年の10月に三段になった当時はまだまだだったんです。詰将棋選手権では居並ぶプロを破って連覇していたのに、対局では圧倒的な終盤力が生かされていない。経験不足で大局観が不十分だったんです。三段上位よりは力が劣っていて中学生で棋士になるのも大変だと思っていました。

 ところが三段リーグの大詰め近い翌年の8月頃、三段数人と食事に行って、彼らに今誰が強い? って聞いたら全員藤井だと答えられてびっくりしました。三段に上がってからAIも活用したそうだけど、AIによって序盤中盤の大局観を磨いたんでしょうね」

――三段になったころと四段に上がった時と比較してどれくらい違いますか?

山﨑「香一本以上は違いますね(藤井四段は藤井三段に香を落としても勝てる、という意味)」

「では藤井三段と現在の彼を比較するとどうですか?」と質問すると、山﨑はちょっと考えて、「飛車は違いますね」と断言した。

「スパートをかけるのが早すぎる」

 昼食休憩後、木村が反撃する。馬を寄って金取りだ。金が取れれば次は玉を捕まえることができると、プレッシャーをかけて藤井の攻めを誘っているのだ。藤井が長考に入った。

 ここは守ろうというのが控室の本命だった。相手は受け師の木村だ。寄せを読み切るのは諦めて、自陣に手をいれるのが妥当。ちょっとスピードダウンしようじゃないかと、ほとんどの棋士がそう考えるだろう。

 藤井は1時間の長考で一気に木村玉を捕まえにきた。「スパートをかけるのが早すぎる」「まだゴールは先だ」「相手はバテていない」見ていたファンもプロ棋士もみなそう思っただろう。藤井は駒を次々と投入して迫る。木村の駒台の駒が増えていく。普通はこれでは寄らない。寄らないイコール負けだ。ところがよく調べるとどの変化も歩が足りている。端で眠ってた香が働く。谷川も山崎も驚きを隠せない。

「藤井、と金での攻め、ちょうど一歩」と言えば……?

 藤井が駒台にある最後の1歩をつまんで王手をかけたとき、私はまた陣屋のタイトル戦を思い出していた。

 2000年12月26日藤井猛竜王に当時5冠の羽生が挑戦した竜王戦の最終局、藤井が角を切り金を捨て羽生玉を捕まえに行き、羽生が玉を逃げ回る。と金は作ったがそれでも攻め駒が足りない。その状況下で藤井が戦いとは全然関係ないところで歩を取った。これが羽生玉の死命を制する歩であることがわかった時の控室の興奮が忘れられない。1989年に羽生が竜王を取って以降、タイトルホルダーは皆10代で棋士四段になっている。藤井が棋士になったのは1991年4月の20才のときだ(23才で棋士になった木村が、46才でタイトルホルダーなったというのがいかに偉業かわかるだろう)。

 藤井と羽生は同じ1970年9月生まれで誕生日は2日しか違わない。羽生が15才で四段になったとき、藤井はまだ奨励会にも入っていなかった。その藤井が羽生を破って竜王3連覇を成し遂げたのだ。勝利を呼び込んだ歩は「一歩竜王」と呼ばれるようになった。

 藤井、と金での攻め、ちょうど一歩、あのときと共通点が多いなあ……山﨑が「これをすべて読みきっていたらすごい」と嘆息したのを聞いて現実に戻る。

「なんだ、こんな手があったじゃないか」

 だが木村は諦めてはいなかった。玉を端に逃げて金の犠打を放つ。金を取ると詰めろが消え、相手玉を詰ますことができないので負ける。藤井は角を打ってその金と交換した。今度は桂の犠打が来た。これも取ると詰めろが消える。さすがは「受け師」木村だ。山﨑が「あきらめちゃだめなんだな」とつぶやく。

 桂の犠打に藤井の手が止まる。控室にはなんとなくほっとした雰囲気が流れる。この金と桂の連続犠打は読みになかったか。桂が取れないならこの手と、持ち駒の金を打っての寄せが検討される。ABEMAテレビでも広瀬章人八段が同じ手を検討している。これで藤井が残しているか、というところで谷川が声を上げた。

「なんだ、こんな手があったじゃないか」。そう、金打ちには3度目の金の犠打があったのだ。木村はこれを狙っていたのだ。

 別の手をということで「端玉には端歩」が検討される。散々つついた末になんとか寄りという結論になった。変化が多くとてつもなく難しい手順だ。

 そして藤井は61分考えて端歩を突いた。やっぱり間違えなかったか。罠にはまらなかったか。

 午後5時37分、95手にて藤井が勝利した。

 藤井は39手目に戦いを起こしてから1回も受けに回らず攻め続け、木村は最善を尽くしてありとあらゆる手段で守った。

 藤井でなければ攻めきれなかっただろう。木村でなければもっと短手数で捕まっていただろう。

 将棋の棋譜は2人で作り上げるもの。またも名局が誕生した。

「ええっ! プロなら第一感の手は考えなかったの?」

 感想戦後、記者会見の前に藤井と話をした。あの61分の長考はなんだったのか、金を打つ手は考えなかったのかと。

「桂の犠打も読み筋で、端歩も予定通りです。金打ちはあまり考えていませんでした」

――ええっ! プロなら第一感の手は考えなかったの?

「ええそうです。ただ難しい変化があって」その変化のことを聞くと、控室で長い時間をかけてようやく発見した手順をすらすらと述べた。

「寄せられなければ、負けてしまう展開になったんで、やっぱりちょっと危なかったですか?」

 私は言葉が返せない。超難解な寄せをノーミスで指しておいて何を言う? 高さ100メートルの場所にある長さ50センチの幅の板を命綱もつけずに「ゴールまで最速で」駆け抜けたんだぞ?

 目の前にいるのはまだ幼さも残る高校生のはず……はずだ。

 こうして第1局は終了した。7番勝負は4勝すれば勝ちだが、3敗までできるとも言える。後手番での敗北だから木村もダメージは少ないだろう。棋聖戦5番勝負での藤井や渡辺明三冠の作戦を見ることができるのも木村にとっては大きい。今後の戦いが楽しみだ。

(【続き】藤井聡太七段の師匠・杉本八段が明かす“東海の師弟物語”「永瀬さんは名古屋の終電に詳しくなった(笑)」 を読む)

藤井聡太七段の師匠・杉本八段が明かす“東海の師弟物語”「永瀬さんは名古屋の終電に詳しくなった(笑)」 へ続く

(勝又 清和)

7月1・2日に愛知県豊橋市で行われた王位戦七番勝負の第1局 ©代表撮影:日本将棋連盟