触手を伸ばすミュータントじゃがいも


 フランスでの出来事だ。今年3月、スーパーじゃがいもを買った女性だが、その直後にコロナウイルスによるロックダウン(都市閉鎖)が発令される。

 いつ終わるかわからないロックダウンに心細くなった女性は、必要な物だけ持参し彼氏の家で過ごすことにした。

 その3か月後、ようやくロックダウンは解除された。女性が久しぶりに家に戻ったところ、じゃがいもはとんでもない変異を遂げていた。触手のような芽を壁いっぱいに伸ばしミュータントと化していたのだ。

―あわせて読みたい―

何目的だよ?ホラーすぎる造形をした10の植物
げに恐ろしきは植物かな。他の植物を絞め殺しながら成長していく「絞め殺しの木」
ふっさふさの根と酸で岩を溶かして栄養にありつく珍しい植物が発見される(ブラジル)
植物怖いシリーズ。食べるな危険!油断するとひどい目に遭う10の猛毒植物
巨大な球となって転がって人を襲う怖い植物、タンブルウィードの襲来で下敷きになる車が続出した件(アメリカ)

ロックダウンが終わり3か月ぶりに家に戻ると...

 フランス北西部、カルヴァドスカーンアパートで1人暮らしをしていた女性、ドナ・ポレさんは、この日夕食の為にスーパーじゃがいもを1袋を購入した。ところがその直後、ドナさんの住む町にロックダウン宣言が出される。

 そこで、ドナさんは町の反対側にいるボーイフレンドの家で一緒に隔離生活を送ることにした。必要な物だけ持ち、急いで移動したため、じゃがいものことはすっかり忘れてしまっていた。

 その3か月後、ロックダウンは解除される。久しぶりに家に戻ったドナさんは、驚愕の光景を目の当たりにする。

 ドナさんはその様子をtwitterに投稿した。


じゃがいもがミュータント化していた


 玄関を開け、キッチンの異様な光景に驚くドナさん。最初は何が起きているのかわからなかった。薄紫色の触手なようなものがいくつも壁を這っている。

1_e3


 恐る恐る近づいて行ったドナさんは、その原因を突き止めた。3月に1袋、2.25ユーロ(約270円)で買ったじゃがいもが、袋を突き破り無数の芽を壁に伸ばしていたのだ。

2_e1


 その生命力はすさまじく、壁と棚の隙間を埋めているシーリング材を突き破るほど成長していたようだ。

3_e1


 植物ってすごい。どんな状況下に置かれても、その命をつないでいこうとする。とかいう感動の物語とかではなく、実際にこれが自分の家で起きてたら、誰もがびっくりすることだろう。

 最初恐怖におののいていたドナさんだったが、じゃがいもとわかりホッとしたようで、すべての芽を取り除いた後、ジャガイモを土に埋めて栽培することにしたという。

 今ではじゃがいもの成長が待ち遠しいそうだ。

Twitter上ではじゃがいも「あるある」として投稿が相次ぐ

 Twitterのレスでは、同様のじゃがいもミュータント化を経験した人々が「あるある」画像を次々と投稿していた。

・自分も経験ある。キャビネットを開けた時に心臓発作を起こすかと思ったよ。


・同士よ!

・私もそうだった。うちのはもっと控えめな感じだけど。

・自分も同じことあった!

・うちの食器棚もこうなってた。当然叫んだ
全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292595.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

昆虫食がさらに身近に!アーモンドを食べて更に香ばしくなった「昆虫ロースト 広島こおろぎ」が販売中(※昆虫出演中)
約3800年前の古代メソポタミア時代のレシピを大学教授が再現、そのお味は?(イギリス)
笑気ガスにうつ病やPTSD、アルコール依存症などの心の病を治す効果を確認
10人中8人は本物の牛肉と信じてしまうほどの植物由来の人工肉ステーキが開発される(イスラエル)
『13日の金曜日』のジェイソンが、ニューヨークでマスク着用を呼びかける(アメリカ)

―植物・菌類・微生物についての記事―

郵便局で異臭騒ぎ。局員ら避難するも6人を病院送りにした原因は、果物の王様だった(ドイツ)
植物にもマイクロプラスチック粒子が蓄積し、成長を阻害していることが判明(米研究)
再開したオペラハウスの最初の観客は植物!2292の座席がすべて埋めつくされ満員御礼(スペイン)
ゾンビの足!?丸太の隙間から突き出た5本指にネットが震撼、その正体は?
植物の遊び心、禍々しさを感じる12枚の画像
ミュータントかな。3か月ぶりに家に帰ったらジャガイモが触手を伸ばした変異体になっていた件(フランス)