―[インテリジェンス人生相談]―


外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

ギャンブルがやめられず700万円の借金があります

★相談者★ リビングデッド(ペンネーム) 公務員 男性 41歳

 賭け事とは無縁の人生を歩んできた私ですが、数年前、ふとしたきっかけでギャンブルにハマってしまい、数百万あった貯金を失い、現在は両親に350万、ろうきんに180万、サラ金に170万もの借金ができてしまいました。

 このような状況になっても、堅い仕事についていて安定した収入があるため、ボーナスを返済に回せば完済のメドはあるのですが、医師にかかっているにもかかわらず、何度も「スリップ」を繰り返し、全然額が減りません。自分の弱さに絶望しています。私は回復できるのでしょうか。人に迷惑しかかけていない私に、存在価値はあるのでしょうか。

佐藤優の回答

 こういうときはキリスト教の人間観が参考になります。

=====
 ルターによれば、人間があらゆる努力によって神に認められる働きをしようとしても、それはすべて罪に行き着くといいます。ルターは、パウロの教えにかなり狭い意味で依拠しています。パウロは確かに、人間がベストを尽くして神に近づこうとしても、悪を行うことになると言っています。パウロによれば、旧約聖書に書かれた律法は、悪の行為とは何であるかを示しているにすぎません。

 人間は、自助努力によっては神の前で決して義と認められることはなく、ただ神だけが人間を義と認めることができるのです。罪ある人を義と認めることだけが神による義認ならば、人間は神の救いの力に希望を見出すしかありません。(『神がいるなら、なぜ悪があるのか 現代の神義論126127頁)
=====

 あなたや私を含む、すべての人には罪が内在しています。その結果、悪に傾いてしまいます。あなたはギャンブルという悪にとらえられて、そこから抜け出せなくなっています。

 あなたは精神科に通っていますが、自分の意志力の弱さで、「スリップ」(SLIP:Sobriety Loses Its Priority/平静さが優先度を失うこと)、すなわち再びギャンブルをしてしまうと思っていることが問題です。「ギャンブラーズ・アノニマス(GA)日本」のようなギャンブル依存症からの脱出を図る人たちによる互助組織に相談してみるといいと思います。強迫的ギャンブルについて以下の説明がなされています。

1.強迫的ギャンブルとは何か?

 強迫的ギャンブルとは病気である。進行性のものであり、完治することはないが、進行をとめることはできる、というものである。GAに来る前は、強迫的ギャンブラーの多くが、自分は道徳的に欠陥があると考えていたり、あるいはもっと単純にダメ人間なのだと考えていたりしたものだった。しかし、GAの考えによれば、強迫的ギャンブラーというのは実は重い病気にかかった人間なのであり、簡単なプログラムに懸命になって従っていけば、回復できるのである。(中略)

2.ギャンブルをやめるために、強迫的ギャンブラーがまずやるべきことは何か?

 自分は進行性の病気にかかっているのだという事実を進んで受け入れ、良くなりたいという願望を持つことが必要である。私たちの経験が示すところによれば、GAプログラムギャンブルをやめたいという願望を持っている人には常に効果がある。しかし、この病気についてまともに事実に向き合うことができない、あるいはそうしようとしない男女には、ほとんど効果がない。

 進行性の病気にかかっているという認識を持って、この状況を何とかしてほしいと神(仏でもいいです)に祈ると、不思議な力の働きにより、解決への光が見えてきます。自分の意志力で解決できるという呪縛から解放される必要があります。

★今週の教訓……すべての人には罪が内在しています

佐藤優
’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数

―[インテリジェンス人生相談]―


※写真はイメージ