定期航路での運航は7月12日(日)が最後です!

東海汽船は、同社が運航するジェットフォイルセブンアイランド虹」について、その最終出航日時を2020年7月16日(木)午前8時50分としたことを明らかにしました。当日は同船の代替船であり、13日(月)に就航する新造ジェットフォイルセブンアイランド結」が同時刻に竹芝(東京都港区)を出港し、これを見送るとのことです。

ジェットフォイル」は、アメリカボーイングが開発した水中翼船です。ガスタービンエンジンで海水を後方に噴き出しながら、船体を水面から浮上させて高速航行します。「セブンアイランド虹」はボーイングが、「セブンアイランド結」は同社からライセンスを受けた川崎重工が、それぞれ建造しました。

なお、「セブンアイランド虹」の定期航路における運航は、2020年7月12日(日)午前8時50分に竹芝を出港する、伊豆諸島航路便が最終となります。

退役する東海汽船のジェットフォイル「セブンアイランド虹」(画像:東海汽船)。