"マイナースポーツ"として有名なカバディに熱中する高校生を描くスポーツ漫画「灼熱カバディ」のテレビアニメ化が決定した。カバディを題材にしたテレビアニメは史上初となる。あわせて、ティザービジュアルとPVも公開された。

小学館コミックアプリマンガワン」で連載中の原作漫画は、中学サッカー界ではエースだった高校1年生・宵越竜哉(よいごし・たつや)が高校でカバディ部に勧誘され、当初は「カバディなんてネタだろ」とバカにしていたが、格闘技のような激しさにのめりこんでいく姿を描く。累計PV数は1憶2000万回を超え、コミックス14巻が7月10日に発売される。

原作者・武蔵野創氏が描き下ろしたティザービジュアルは、宵越ら能京(のうきん)高校カバディ部のメンバーが結集。PVは、宵越の「『カバディ』と連呼して走るアホくさいスポーツだろ?」という言葉、カバディ部部長の王城正人(おうじょう・まさと)が「じゃあ僕を止められる?」と挑発する姿、アニメ先行カットなどが収録されている。

漫画「灼熱カバディ」テレビアニメ化 (C)2020武蔵野創・小学館/灼熱カバディ製作委員会