今、クルマ好きの独身の男女間で密かなムーブメントが巻き起こっています。それは、ひとりで愛車を乗り回すひとりぼっちドライブです。現代社会ストレス社会といっても過言でないでしょう。ストレスを全く感じない人はいないでしょう。人間誰しもが多かれ少なからずストレスを抱えているはずです。そこで、プライベートでは、日々のストレスを解消する方法としてひとりドライブをする人が増えているそうです。

富士通テンが行ったドライブに関するアンケート調査結果があります。クルマを運転する男女2,000名を対象にドライブの楽しみ方アンケート調査を行った結果、意外な事実が判明しました。

ドライブの楽しみを問う質問には、第1位が「景色」(58.8%)、第2位「気分転換・ストレス発散」(55.3%)、3位「観光」(50.6%)というランキング結果に。20代という世代に目向けると、男性は「運転自体」(61.0%)、女性は「気分転換/ストレス発散」(66.0%)がトップになっています。

 さらに、「ドライブに一緒に行く相手は?」という質問には、既婚者女性は「配偶者」(95.7%)、「子ども」(72.0%)が多数派で、一人で楽しむという回答1.4%とごく僅か

独身の20代女性もひとりドライブは8.9%と少ないですが、独身30代女性になると 23.8%までグッと上昇しています。年齢が上がり役職や地位が上がるとその分ストレスも増えているのでしょう。30代女性では、5人に1人がひとりドライブを楽しんでいるという結果になっています。独身男性も同様で、20代よりも30代になると約6割の人がひとりドライブを楽しみにしています。

 仕事、人間関係、人生、恋愛と、なにかと悩みやストレスを抱える独身30代は、クルマの中で、誰にも邪魔されない一人の快適な空間を好む傾向が強いようです。クルマも様変わりしていますが、その乗り方、使い方も実に様変わりしているのです。 

(久保友宏)

ひとりで楽しむ『ぼっちドライブ』が独身世代に人気!(http://clicccar.com/2013/09/12/230376/)