独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)。7月12日の放送では、東京ダイナマイトハチミツ二郎が出演、芸人を続けながら、この4月からサラリーマンになったことについて語った。

【写真を見る】「ワイドナショー」でMCを務める東野幸治

司会の東野幸治が「なぜ、どういう過程でサラリーマンになったんですか?」と尋ねると、ハチミツは「いろんな側面はあるんですけど、まず芸人としてふざけている部分がある。もうひとつは生活、家族を養わなきゃいけない。あとは縁があって、ちょっとやってみようかなというのが一番」と複数の理由を挙げた。

ハチミツは「心不全で倒れた時、何の保証もないなと。結婚した以上、子どもを産んだ以上、こっち側を守らなきゃいけないなというのがあって」と、家族のためにもサラリーマンになったことを強調した。

また、就職の経緯について、ハチミツは「ゲームアプリも作ったりする会社なんで、『そういう会議に出れませんか』と(提案した)。今まで自分のアイデアってお笑いにしか落としたことないんで、そういうのにアイデア使ってみたいなと思って、話していくうちに『二郎さん、就職しませんか?』って。無茶な要望と思ったんですけど、空き時間いっぱいあるなと。我々なんて、地方ライブ行って、実労15分、移動8時間、その移動の中でパソコンさえあればもう一つ仕事できます」と説明。

松本人志が「今、芸人とサラリーマンの収入は何対何になってるの?」と聞くと、ハチミツは「サラリーマンが95%。我々劇場か営業しかやってないので。4月1日に入社して3日挟んで緊急事態宣言なんですよ」と、コロナ禍の影響で、現在の仕事はほぼサラリーマンとなっていることを明かしていた。

次回の「ワイドナショー」は、7月19日(日)朝10:00より放送予定。(ザテレビジョン

松本人志が「ワイドナショー」に出演