タレントの鈴木紗理奈(42歳)が、7月12日に放送されたバラエティ番組「サンデージャポン」(TBS系)に出演。親交のあった木下優樹菜(32歳)の芸能界引退について語った。

木下と友人関係にあり、「姉ちゃん」と慕われていた鈴木は、番組の中でもときどき木下について話題にしていたが、木下の突然の引退発表に「連絡はないんです。引退に関してもなくて。実はこれはあまり言うべきことなのか……去年の11月くらいに、子育てのことでちょっと意見の食い違いがあって連絡は取り合ってなかった」と、木下が離婚する前から縁が切れていたと話す。

鈴木は「もちろんタピオカのことに関しては優樹菜が悪いと思うんですけれど、男女のこととか夫婦のことは人様のことやからわからへん」と話したが、引退の件については「ここまでのことになってしまったら、もし連絡くれたら、ちゃんと話し合いたいな」とコメント。

鈴木は木下へ「怒りたい気持ちもあるし、今の状況やったら話を聞いてあげたい気持ちもある。人としては面白いんですよ。軽率なところもあるけれど。芸能界を引退しても母であることは変わりないから、責任感を持ってがんばって生きていって欲しい。複雑です」と思いを語った。