40~50代の失業、数値には反映されない“新型”の無職中年が今、増加の一途を辿っている。現役世代を突如として奈落の底に突き落とす“社会の落とし穴”はいかにして生まれたのか!?

◆うつで非正規→無職。「社会に戻るのが怖い」

●秋吉友道さん(仮名・49歳)

 2年前から無職状態が続く秋吉友道さん(仮名・49歳)も、うつが転落のきっかけだった。家電メーカーで働いていた37歳のときにうつを発症。

「退職から1年半後、うつの症状が寛解したのを機に再就職活動を開始しましたが、面接では1年半のブランクについて必ず聞かれました。ごまかしようがないので『うつでした』と明かすと、言動に変化はなくても面接官がスッと引くのがわかるんですよ。結局、就ける仕事は離職率の高いブラックな非正規ばかり。そんな非正規の仕事さえも、40歳を超えた頃から職探しが難航していきました」

 ただでさえ不安定な仕事を転々として気持ちが滅入っていた秋吉さん。食品倉庫への派遣社員として生計を立てていた45歳の頃、さらに追い打ちをかけるような事態と遭遇する。

「20歳近く年下の正社員たちが『あの年で派遣は人生終了』『テキトーに生きてきたツケだろ』と笑って陰口を話しているのも耳にして心が折れてしまったんです。『俺だって頑張ってきたのに、どうしてこんなこと言われなきゃいけないんだ』って涙が出てきて……」

 その日から家で寝込む日が増え、うつを再発。以降2年間、求職活動は行えていない。

「わずかな貯金と、恥ずかしながら80歳になる親の仕送りで生きています。働きたい気持ちはあるけど、またいつうつの症状が出るかわからない。『甘い』と思われるかもしれませんが、社会に出て再び虐げられるのが怖いんです」

◆40~50代は常に過当な競争に晒されてきた

 働き盛りの世代が転落する大きなきっかけとなる精神疾患。彼らの心が蝕ばれる構造を、労働経済ジャーナリストの小林美希氏はこう分析する。

「40~50代の多くは不況下で就職活動を始めた世代。社会に出る前、そして出てからも常に『勝ち組』『負け組』に選別され、過当な競争に晒されてきたのもこの世代の特徴と言えます。たとえ正社員になっても、若い頃からの長時間過重労働がたたって、この年代になったときに心身ともに壊れて職を失ってしまうパターンは今非常に多いんです」

 10年以上の就労歴がある40~50代の無職1000人が回答したアンケートの結果を見ても、「再び仕事をする自信がない」「長期間のブランクによる不安」「求職活動の失敗が続き諦めた」といった再び社会へと出ていくことに対する不安や諦観が見て取れる。

▼「就労歴10年以上、現在無職の40~50代男性」1000人にアンケート
(調査期間:’20年3月23日~3月31日)

Q.求職活動をしていない理由は?
1位 自信がない 28%
2位 親の介護 25%
3位 長期間のブランクによる不安 21%
4位 求職活動の失敗が続いて諦めた 12%
5位 治療・療養中 11%
=====

「秋吉さんのように、これまでの不安定な就労形態のなかで傷つき、働こうという意思があっても過去の体験のトラウマから動けなくなる状態に陥っている人も少なくありません」(ジャーナリスト・池上正樹氏)

 10代の頃から「勝ち組」「負け組」と選別されながら不況のなかを生き抜いてきた40~50代。たとえかつて「勝ち組」であっても、過当競争下で生き残ってきた“代償”が今になって転落という形で表面化しているということか。

【労働経済ジャーナリスト・小林美希氏】
『週刊エコノミスト』編集部記者を経て’07年よりジャーナリストとして活動。著書に『ルポ 中年フリーター「働けない働き盛り」の貧困』(NHK出版)など

【ジャーナリスト・池上正樹氏】
ひきこもり問題を20年以上取材。著書に『ルポ「8050問題」高齢親子“ひきこもり死”の現場から』(河出新書)、『ルポひきこもり未満』(集英社)など

<取材・文/週刊SPA!編集部 アンケート協力/リサーチプラス>

―[新型[無職中年]が急増中]―


2年前から無職状態が続く秋吉友道さん(仮名・49歳)