100円ショップにもあるような光沢のあるテープを使って「ビルっぽいもの」を作るアイデアが、Twitterで「目からウロコ」「これは大発明」と注目を集めています。ロボットや怪獣のフィギュアと撮影すると……雰囲気バツグン!

【その他の画像】手作りの高層ビル

 とっかさんが、ミニチュアの「高層ビル」をイチから作っています。作り方は、100円ショップで買ったメタリックテープを白いプラ板に貼り、格子状に切り込みを入れるだけというシンプルさですが、“青いガラス張りのビル”にフィギュアが映り込む様子は手作りとは思えない完成度です。

 ツイートでは高層ビルの表面部分だけを投稿しましたが、厚紙で立体のビルを作り、その内側に同様にプラ板をはめ込めば、自由にいろんな形の高層ビルが作れそうです。ちなみに透明プラ板に切り込みを入れる際は、カッターではなくガンプラ製作などで使われる道具「ラインチゼル」を使ってスジ掘りすることで、よりきれいに表現できるとのこと。

 詳しい製作過程はとっかさんのブログでも公開中。きれいでリアルなビルの反射ができるまでの試行錯誤の様子も公開しており、似たような種類のテープでそれぞれ作ってみた結果も見ることができます。

 とっかさんは他にもさまざまなミニチュアや立体作品を製作。Twitterでは、自作のミニチュアと一緒にフィギュアを飾って撮影した写真も公開しています。

画像提供:とっか(@myaclimax)さん

かっこいい!