日曜日は雨が弱まった所が多くなりましたが、東北では激しい雨が降りました。
月曜日は梅雨前線が北上するため、西から雨の範囲が広がるでしょう。西日本や東日本では水曜日ごろにかけて再び大雨のおそれがあります。
すでに、これまでの大雨で土砂災害の危険度が高くなっている所もあるため、少しの雨でも警戒が必要です。東北も月曜日にかけて川の氾濫に警戒してください。

月曜日の午前中は西日本を中心に雨の範囲が広がり、昼過ぎには東海や北陸、夕方以降は関東も雨が降り出し、夜は広く雨となりそうです。九州も午後は雨が降りやすく、夜は九州北部や山陰を中心に激しく降る所もあるでしょう。

日中の気温は25℃前後の所が多く、関東の厳しい暑さは和らぐでしょう。ただ、九州は30℃以上の真夏日になるため、熱中症に注意してください。

(気象予報士・及川 藍)

13日の天気予報。